2009年6月9日火曜日

雇用統計後からドル買いが続いていましたが、欧州時間から様相が変わってきました。
再びドル売りに転じています。このあたりでレンジに入るのかなぁ?

ポンド円の157.88円売り指値がバッチリ決まったものの、
ほとんど利益を吐き出してしまう上昇を見せています。
ダウ平均は売られています。今日の日経平均は高かったのですけれどね。
現在ダウが売られているのに別段理由はないようですから、
利益確定売りが入っているといったところでしょう。

株安でもドル高、、、、このところは株価と為替市場連動しませんね。

昨年はリアルタイムダウチャートをみてドル円をスキャルピングしていれば
ほぼ勝てるという相関を見せていたのですが、このところの相関関係は複雑すぎて分析ができません。

ざっくり特徴を挙げるとするならば、
東京時間と欧州、NY時間でトレンドが変わるということくらいかな?!
東京で下げてたら欧州時間から買い戻せばいいし、
東京時間で上げていたら、欧州時間で売ればいい。
こんな単純な戦略がヒットする蛇の目相場が続きますね。
つまり、値段は全く無視で時間帯で売り買いをひっくり返す手法がいいみたい。
だからといって、実践した途端にそういう癖が止まりそうな気もしますが(笑)

というわけであまり大きな材料のない週はじめ、
ポンド円はこのままNYタイムで
158.50円を超えられなかったら、
再び東京時間に下落な気がしますので、ちょっと耐えて粘ろうかな、、、と思ってます。
そんな安易な戦略ダメかしら?

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社