2009年6月25日木曜日

お暇ならどうぞ→FOMCがポイントに?
       →追いかけてくる雨の記憶
ひゃーん、95円割れショートはやっぱり底値売りでした(泣)
95円を割り込んで13銭?!下回ってきたので「これはサポート割れというやつね」
と思って売ってみたのですが、結果はいわゆる「騙しにあった」ということです。
今日ドル円は95.88円まで上昇しました。
勿論マイポジションは昨日のうちに撤退を余儀なくされました。ショボーン・・・

ドル円95円には鉄板が仕込まれているようですが
だからこそ、ここを割れたら結構大きく下げそうな気がします。
昨日こそ騙しに合いましたが、次は崩壊するんじゃない?!
、、、と負け惜しみを言ってみる。
うーん、ドル円はレンジ(94‐95円~98円)で逆張りしてりゃ簡単
って話もあるのに何故か違うことをしたくなります。

今日はこの後のFOMCに関心が高まっていますし
波乱要因となるリスクも抱えていますので
ポジションを取ろうとは思いません。
マーケットもおそらくFOMCを前に様子見ムードになるんじゃないかしら
と思っていたら、欧州時間にスイスフランご乱心!!

「介入かっ?!」

スイスフラン急落となりましたがスイス国立銀行コメント拒否。
でもユーロスイスのチャートを見てください。何も無くてはあんな動きになりません。。。
これまで何度か行われたスイス国立銀行による介入はユーロスイスでしたが、
今日はドルスイスでも介入があったみたいな動きですね。
スイス円も87.50円まで急落となりましたので、
これは戻りを取るチャンスとばかりに87.56円で拾って
88.42円で利食いというデイトレに成功!ラッキー。
毎度毎度介入以前の水準にまで戻される流れとなっているからといって
今回もそうなるとは限りません。値幅だけとって撤退するが吉。
案の定、今回はしつこく売り介入が行われているのか、
スイス国立銀行の執念に負けたのか、スイスフラン再び売られる展開となっています。

ドル円で負けた分はスイス円で充分補填できました!
さて、本命のポンド円です。
昨日書いた水準まで戻りました。いえ過ぎるくらいに戻りました。
158.20円台まで上げましたものね。
157.30‐90円くらいまでは戻ると見ていましたが、158円台乗せとなるなんて。

一度157.46円でショートしたのですが、見事にこれが担がれてしまい
157.60円で一時撤退することに。再度158.05円で指値して外出、
帰宅したらこれがヒットしていました。
そのまま158円台のショート持ち続けていればいいのに、、、
今現在157円台を割り込むところまで下げてきましたよね。
しかし。今日一回踏まれた恐怖が残っていて、
再度157.80なんていうなんとも情けないところで手仕舞ってしまった!!

ああ為替で儲けるのって難しい(笑)
ホント、メンタルが弱いとダメですね。
信念を持って自分の描いたシナリオにしたがってトレードできなかった、、、、。
ポジションが曲がっているのなら信念なんて持たずとっとと切るのが正解ですが、
今日の場合、利が乗っているのにちょっとボラがあって
上に行きそうなムードになっただけで
あわてて仕切ってしまいました。反省。

というわけで現在ノーポジションですが、まもなくFOMCの声明も出てくるでしょうから
ポジションは取らずにおこうと思います。
クロス円が急騰することがあれば高値を売って見たいところではありますが。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社