2009年7月1日水曜日


押したら買おうと思っていましたが
指値が慎重過ぎて今日は注文ヒットせず。
今日のクロス円の上昇には乗れていません。
ポン様だけを追っかけていたわけですが、ドル円なんかを見ていれば
今日95.33円くらいまでの円高局面があってから96.50円まで上昇と、
このところのレンジ下限95円が近づいたら買えというルールどおりに動いていました。

ドル円のほうが単純でわかりやすいのに、、、、。
ドル円は今夜のNYの指標で買われています。

先ほど出たS&P/ケースシラー住宅価格が市場予想を上回る強い結果となっており
ドル高が進んでいるんですね。ドル円でもドル高。
その後の消費者信頼感指数は49.3。前月に比べ下落となりました。
これは今年の2月以来だそうです。現況・期待指数が共に下落したことで
ダウ平均は大きく下落。クロス円も崩れてきました。
今日日中買えたとしても、上手く利食いできなければ利益を失う下落です。

ここでのポイントは指標の結果が良くても、ドル高、
悪くてもドル高に動いているということ。
ちなみに現在ダウ平均は100ドル超の下落となっている模様。
リスク許容度の低下によるドル高円高が進行しているということ
なのでしょうけれど、
このところの経済指標がドルに対してどんなきっかけを作るのか、
神経質すぎて予測不可能です。ひと頃のように指標よければドル買いといった
単純な動きではなくなっているようです。

こうした指標結果と株価、そして為替の動向などの相関などについて
大倉さん、だいまんさんの見通しを余す所なく語りつくしていただいています。
会員限定の番組ですが、まだご覧になっていないという方は是非オンデマンド放送を。

デスマッチ前回の勝負は「ユーロドルが6月末にどの水準にあるか?」を賭けましたが
今回は1.42-43ドルで頭打ちになると言った大倉さんに軍配。
お二人の勝負は今のところ五分といったところかしら?だいまんさんが勝ち越しでしたっけ?
ちなみに次回勝負は「8月中に総選挙があるか。民主党が政権とった場合円高?円安?」
果たしてお二方の見通しは?番組で確認してみてくださいね。

結局のところレンジ相場が続いていますが、
まだしばらくはこんな相場が続きそう。
押したら買い、噴いたら売りで逆張りで細かく取るのが安全でしょうけれど、
クロス円の場合、上値と下値を何処に決めるかが難しいですね。
先日の天井まで待っているようでは一向に売り場が来ないですし、
安値で買うといっても下げ方が甘いままに反発しちゃう。
レンジといえども、レンジ幅は収束しつつあり、
どちらかに抜けた時には大きなトレンドを作りそうですが、
いつになるやら。7月は今年後半戦のスタート月ですので
結構大きく動くような気がしますが、危険なのは8月お盆時期。

結局今日は安値を引き付けようとしすぎてポジションメイクできずに終わりそう。
ポン様、ここから買うなら155円くらいまで下げてからにしたいところ、、、、。
だったら売っても取れるか?!(笑)

実のところあまり自信というか、、、確信が持てずにいます。
ということでちょっとこの相場じっくりと様子を伺うことになるかもしれません。
急落、急騰などのチャンスでもあれば逆張りでポジション取りたいのですが、
このところ1日のボラはあるもののチャンス!!と思える水準に到達するような
ドラスティックな動きが出ないのでわかりにくいのです。
今日もノーポジでお休み、、、、。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社