2009年7月27日月曜日

うんざりするほど地味な動きが続いたドル円。

先週木曜に私がショートした94.80円を挟んですっかり膠着していましたが、
どちらかというと下値固いです。東京午後に入って95円台に乗せてきました。
といいますか、地味なのはドル円だけで、クロス円は堅調なんですよね。
やはり米株堅調の流れで「リスク許容度」が高まっているということなのでしょうか。
今日日経平均は再び1万台回復となりました。
それとも外モノ投信設定がクロス円買いの正体なのでしょうか。

大倉さんのブログを拝見しますと、先週24日の野村アセット・マネジメントや
UBS・グローバル・アセット・マネジメントなどの投信設定での販売額トータルは
1000億円程度だったそうですが(3兆円もの資金が集まるとのウワサも流れたようですね)
これ続いて31日にも投信設定予定がある模様。
これも心理的強気要因として作用しているかもしれません。

そうはいっても年初来高値を更新の米株の行方次第では
今週も強気継続となるかどうかはわかりませんよね。
4-6月決算が軒並み好調なので買われるのはわからないでもないですが、
この株高をまだ不愉快、、、じゃなくて不可解に思っている向きも多いですね。
私もそうなんだけど、、、、だからドル円売っちゃったー
でも、こうした慎重派が諸手を挙げて買いに回るような熱狂でも来ない限り
株価はジリジリと上がって行くような気もします。

それでも調整は入れながらの、、、、上昇よね?!
そうでないと私のポジションが助からないわ!!

週末31日のアメリカの第2四半期GDP速報値は要注意です。
市場が楽観に傾きすぎていたら発表をきっかけに下落に反転するかもしれません。
31日前にちょっとした調整を入れてくるようなら、発表をきっかけにさらに変われる可能性も。
予想は▲1.5%(ちなみに前回は▲5.5%)
また来週には雇用統計も控えており、そろそろそれを意識したフローも出てくるかも。
今週の週間新規失業保険申請件数なんかが意識されるところ。
7月17日時点では55.4万人で前週比で3万人増加、4週間振りの増加となったのですが、
事前予想が55.7万人だったので、あまり悲観されませんでした。
週単位でのブレはあるので多少の増減ではあまりマーケットに大きな影響はないのですが、
このところの傾向で見ると、60万件台というのが意識されるレジスタンスポイントで
ここを超えてこないのなら、比較的好感、、、といいますか、楽観されそう。

なんて珍しくいろいろ週初に今週の戦略を考えたりしていますが、
結局思いつきでポジったりします。
なるべくそういう衝動と戦うつもりですが、、、、。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社