2009年10月3日土曜日

雇用統計の数字は予想通り悪いものでした。

NFP非農業部門雇用者数は▲26.3万人。
予想の▲17.5万よりも大幅に悪い結果ですが、
前哨戦のADPで▲25万と言う数字が出ていたため
それほど驚いたわけでもなかったということかな。

ドル円は衝撃波としては89.35→88.88と50銭ほどでしたが
その後だらだらと88.60まで下げた後急反発。
雇用統計発表前の水準まで行って来い、、、、いや
それ以上にドル買いとなっています、今89.60円まで急騰してる。
なんだこれ?!

雇用統計後の高値安値を逆張りで攻める戦略がこのところヒットしているけど
今回もそんな展開となりましたね。え?じゃあ、ドル円買ったのかって?
、、、、買ってません。でもね、豪ドル円を買ったんです。
だって、豪ドル円って今76.50円から80円のレンジ相場でしょ。
雇用統計の後、その76.50円を割り込んだんです。まさにレンジ下限。
そして雲の下限。
こんな解りやすい相場はないわ。
というわけで76.80円でローング。(ちょっと出遅れた)
気がつくともう77.80円と1円も上がってます。レンジ下限拾いで大成功!!
同じくポンドドルショートは1.5873ドルで手仕舞いました。
まだ下げるとみているんですが、二兎追うものはなんとやらです、
長い下髭のあと切り返してきたので一旦利食っておくことにしました。

久しぶりに上手くいったわ♥

それにしてもこの切り返し。このドル買いは一体何かしら?
ドル円なんて倍返しよ。安値を追随売りしていたら大火傷です。。。。怖い。
でも、このまま90円回復して上げられるのかしら?
せいぜい90円あたりで頭打ちとなるような気がしますが、
この暴力的な反騰を見てしまったのでここから売るのも怖くなってしまいました。
ドル円は様子見に徹する事にします。
※ロンドンフィキシングに絡む買いだとのニュースが。

豪ドル円は80円くらいまで引っ張りたいのですがどうでしょう。
そんなに解りやすいレベルまで今回もすんなり上がってくれるでしょうか?
既に半値は戻してしまっているので、利食うべきか耐えるべきか悩むところですが、、、、、
80円まで頑張ってみようかな~

しかしアメリカ、経済指標の回復が相次いでいますが、雇用がこの数字では。
失業率9.8%と大台乗せには至りませんでしたが、10%は既に射程圏内。
いずれ確実に乗せてくるものと思われます。
この後NYダウがどのように推移するのかが気になりますね。
発表直後は100ドル以上下げましたが、、、、この後持ち直すのか、
そのまま崩れるか。9900ドルで天井打ったのか?まだ調整に過ぎないのか。
今年も後3ヶ月です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社