2009年11月11日水曜日

まるでジェットコースターです。
ポンド円ロンガーの皆さん、耐えてますか?!
私は私は、、、、なんとまだ持ってます!

ストップは何処においていたかって?!
コストに置いてありました。
つまり買いを入れた148.92円。
今回このポンド円ロングはちょっと腰を入れて持つつもりでいましたので
昨日のように半端なストップ注文を置くとなくなちゃうだろうと思って。
最悪チャラになってもいいから中期ロングに賭けたかったわけです。
でもマイナスになるのはいや。ということですが、おかげでぎりぎり助かりました・・・。
目の前であの急落を見ていたら投げちゃったと思います。
でもありがたいことにあの時間は外出していたためマーケットを見ていなかった!!

ポンド円は150.70円近辺から149円近辺まで2円近い急落となったわけですが
この理由が格付け機関フィッチ。もうそういうのやめてよ・・・・。
英国が主要国の中で最初にAAAの格付けを失うリスクを指摘したんですって。
こういう材料はホント予想できないので不意をつかれてやられちゃう事が良くありますよね。
そんなことを何故このタイミングで?と疑問ですが、
こういうのって決められた公表日ってあるのかしら?

しかもその後9月の貿易収支が
71.94億ポンドと市場予想の61億ポンドから拡大するというニュースも。
悪材料連発でさらに売られる展開となりそうなところですが、
何故かポンド円は反発、行って来いとなりました。
う~ん、難しい動き。こんな動き読めません。
ひとつひとつの材料で動いていてはとても勝てませんね。
2円あまりのボラで上下するんですもの。下手すれば往復ビンタ。
だからここは信念を貫くしかないわけですがこれだけ悪い材料が出てきているのに
ロング玉を持ち続けていいものかどうか本当はとっても悩ましいところです。
ハラハラして眠れないかも・・・・。

テクニカルでは日足の雲の上限を突き抜けるには相当なエネルギーが欲しいと見える。
でも、これだけ悪い材料が出ているのにトレンドが転換したと思うほどの下落にはなっていない。
逆に強いと見るべきではないのか?と思っています。
日足のMACDはデッドクロスしそうな形状ですが、していない。
こんな風にクロスしそうでしないという形は注意が必要。
売ると危険。結局クロスしなかった時には物凄い上昇となります。

なんだか自分の都合のいいように解釈しているような気もしますが
(こういうのをポジショントークって言うのね?!)

ただしドル円は90円を挟んですっかりレンジ内での推移となってしまっており
あまり強そうに見えないのが気がかりです・・・・。
ドル円で物凄い円高となったらポンド円も引っ張られるでしょうし。
ユーロドルは一旦は1.5000台での滞空許さず頭タタキに出ていますが
崩れる風でもない。正念場ですね。

ユーロスイスも今日急落しています。
介入が意識される水準に近づいてる?!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社