2010年3月25日木曜日

24日午後のユーロの一段安の背景には
出所不明ながらイタリアとスペインのユーロ離脱の噂があったようです。

イタリアとスペイン?今議論されているギリシャならわかりますが、、、、。
昨日のポルトガルの格下げに続き
突拍子もなくPIGGSネガティブ材料が飛び出してきますね。
ついにマーケットはギリシャからPIIGS全体へと懸念を広げてきました。

ただ、このユーロ離脱の噂は悪い冗談にしか聞こえませんよね。
この脆い地合いの中でこれを面白がって仕掛けている向きがあるんじゃない?

そうそう、ソロスら大手ヘッジファンドが共謀してユーロSを仕掛けている、
これについて米当局が調査に乗り出した、なんてニュースもありました。
誰が流した噂かしりませんが、本当にそうなればユーロは発足時のレベルまで
下げても不思議はないですよね。
それから本当に破綻へと向かうことに・・・。

昨日のユーロドルのサポート割れから1.30割れを目標にユーロSを長期保有しようと
考えていますが、こんな謀略めいた噂が飛び交うようになっちゃうと怖いですよね。
力任せに崩そうという勢力があるということは、意に反して崩れなかった場合に
大きく巻き戻される可能性があるのでは?なんて思ってしまうのですよ・・・。
「噂」 なんて暴力的な材料じゃなくて自然に、、ごく自然にファンダメンタル要因から
下げていくのが理想的。ほらほら。。。。ユーロが買い戻されてきたわ・・・。

こうした波乱にも動じず粘り通せるかしら?

ちなみに中国人民銀行高官が「ギリシャ問題は氷山の一角」と発言したことが
ユーロ売りに繋がったとの見方もあるようです。どちらが正解かはわかりません。

今日のFOREXRADIOはテクニカルアナリストの伊藤智洋さんがゲストです。
伊藤さんの編み出した新しい分析手法に私も凄く興味があるの。
楽しみです。これから出かけますが、明日は早朝から仕事があり、
今晩は遅くまで飲んじゃうだろうから、ブログ更新が出来ないと思います・・・。

お暇ならコチラも眺めてね→「日経・東工取商品指数」23日取引スタート!!
ユーロの行方とコモディティ
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社