2010年4月28日水曜日

S&Pがギリシャの格付けをジャンク級へと格下げ,
さらにポルトガルの格下げを発表、ユーロが売られています。

いえ、ユーロだけじゃない。
ドル円、クロス円、ストレート通貨、全て売られているようですね。
ギリシャやポルトガルあたりの格下げなんていくらでも想定できたこと、
これで売り込まれているってのは後付の材料で、実は。。。。

今、水曜が満月なのが効いてるんじゃない?!

ってのは冗談(笑)
日本のGWを前にして手仕舞いが入るならば水曜か
と思っていましたが、まさかNY時間からスタートするとは思わなかったな。

ユーロドルは戻ったところを売ろうと思ってみていましたが、
神保町で鮨をつまんでいるうちに、タイミングを逸してしまったようです。
ポンド円は200日線を、これまたキッチリと割り込んでの棒下げで
騙しのポン様、本領発揮といったところ。

リスク選考ムードが高まってきていただけに、
今晩の棒下げは意外な気もしますが、さすがGW相場、
波乱は付き物ですね。

FOMC控えてのこの展開って、、、ちょっと早い気がするのですが、
これでますますどうしたらいいかわからなくなっちゃった。
ここは絶好の買い場と見るべき?そんなに単純でいいかしら?
格下げネタなんてキッカケに過ぎません。
なにか調整の材料が欲しかっただけ。
それでも調整がもう少し浅ければ、買う勇気もでようものが
これだけの陰線を見せられると、躊躇しちゃいます。。。

ルービニ教授が
「ギリシャが直面している問題は先進国での債務危機の
氷山の一角でしかなく、債券自警団はすでにスペイン、ポルトガル、
英国、アイルランド、アイスランドなどの
国債利回りを吊り上げることに照準を定めており、
さらには日本や米国なども視野に入れている」
なんて発言をしており、この発言を額面通りに受け止めると、
もう全てアセットをキャッシュに替えて危機に備えよ、
と言われているんじゃないか、って気がしてきますよね。
無論そのまま行動に移すことほど愚かなことはないのですが。

今回に限ってみると単純に
満月でトレンド転換ってアノマリーに乗っておけば良かった、
それだけのことかもしれないわ。

今朝ツイッターで満月だわ。と呟いたりもしたのだけど、
Sポジションを作るほどのガッツはありませんでした・・・・。

GW相場にはいるので、ここからは尚慎重に。
今日は閃きがないのでこのままおやすみなさい!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社