2010年4月29日木曜日

今度はスペイン格下げですか。
毎日毎日ネタが尽きないユーロ、また売られてますよ・・・
全く売り場を与えてくれないわね、このところ。
※S&Pスペイン長期格付けを引下げ、見通しを「ネガティブ」へ

昨日のギリシャの格付けをジャンク級へと格下げ,
さらにポルトガルの格下げを発表もS&Pでしたが、
何故昨日スペインも一緒に格下げしなかったのかしら。
ユーロネガティブ材料を小出しにしてくるあたりに
何らかの意図を感じないこともないのですが、
今日のスペイン格下げネタには市場の反応が限定的。
これがまたどうしてなんでしょう?!

ひとつには格下げしたのがS&Pだけで、
フィッチ「スペインは引き続き”AAA”格付けを有し、見通しは”安定的”だ」との声明を出し、
現時点ではスペインの格付けを変更する計画がない事を表明、
ムーディーズは「スペインの格付けを引下げるかどうかにはコメントしない」との声明。
ムーディーズも現在スペインの格付け見通しを「安定的」としていますので、
なにやらS&Pだけがしゃかりきになってユーロネガティブ情報を発信し続けている印象。

ユーロショートしてるんじゃないの?なんて
だいまんさんがツイッターでつぶやいてましたが。。。

それはそうと、ロイターに興味深い記事発見。

外為市場で投機マネーがユーロ相場に集中砲火を浴びせている。
~運用難に苦しむ多くのヘッジファンドがユーロ相場を「今年最大の収益源に」と息巻いている。~小国のギリシャ問題がなぜ、ドイツやフランスといった経済大国を複数抱えるユーロの不信任にまでつながるのか。在京外銀のある幹部はこう明かす。「現在のヘッジファンドの心理が、ユーロを今年の(収益の柱となる)ビッグトレードにするぞ、という結論ありきだからだ」。

~「見渡す限りこれといった運用先がない。最近まで円安シナリオに賭ける向きもいたが、成績はいまいち。ようやく見つけた(ユーロ売りやギリシャ国債売り)シナリオを何とか生かそうと、ヘッジファンドはヒートアップして売りを徹底させている」(先出の外銀幹部)という。「ユーロは1.20ドル付近までどうにかしたい」。顧客取引を担当する外銀トレーダーが聞いた、取引先のファンドの声だ。

長文記事のため、気になるフレーズをつまんで短く引用しました。
全文を読むならコチラ→ロイター記事を御覧下さい。

1.20ドルというのは先週のFOREXRADIOで私が目標として口走った水準ね!
(と、ちょっとはしゃぐ・・・・しかし今ショートポジションは持ってないの(涙)

投機筋がよってたかってユーロショートで稼ごうって息巻いているという話ですが
こんな話が記事になるときにはその相場が終わっている、、、、
なんてコメントも出るでしょうけれど、私はこれはホントに1.20くらいまで
やりそうな気がします。現在の水準にクライマックス感はないですし、
それよりも何よりも、記事中にあるように、他に運用先がないというのが
最大のポイント。今クレジット市場は大変なことになっているというのに、
何故かダウ平均は高値更新、原油も80ドル台高値圏、金も高値更新と
株、商品が強気継続してるって状態はどこか怖い。
結局ここからロングできるアセットを探すのって難しいでしょ。
この高値に慣れてきて、素人筋がエイヤっと買い出したら
きっとこの相場終わりだって、皆どこかで思ってる。
だから買うというストラテジーより売るという方が
しっくりくるんじゃないかな、と。

無論、他の市場が崩れだしたら、すぐさま他のモノも売るんでしょうけど、
今下手に売りで入ると踏まれちゃうのが株、コモディティ市場です。
安心して売れるのがユーロだけなんですよねぇ。

というわけで、売り場を探っているうちにみるみる下がってしまっている
ユーロ、この後のFOMCでまたドルに動きがでようものなら
さらに売られそう・・・。
現にドル円が大きな陽線でこの2日間の下落を包み上げようとしています。
何か情報漏れてきてるのかな?
発表までまてないので取り敢えず更新。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社