2010年5月5日水曜日

ユーロドルはどこで下げ止まるのでしょう?連休中も良く下げました。
あっさり、そりゃもうあっさり1.300割れとなりました。
ユーロは売りスタンスで。と決めていても、戻りが甘くなかなか売れぬまま、
ここまで眺めているだけに終わっています。
一方ドル円はユーロが下げている割には上がっていない印象ですが、
それでも95円を目指す上昇。しかし95円は重そうですね。

明日から東京勢も戻ってきますので、
連休中の為替市場のニュースをまとめておきますね。

■アメリカ
・米1Q-GDP:3.2%→予想3.3%の伸び率を下回る結果。
・個人消費:3.6%→予想3.3%を上回り、前回1.6%から伸びる
・4月ISM製造業景況指数:60.4→04年6月の60.5以来の高水準
・ISM雇用指数が前回の55.1から58.5へ拡大→7日の雇用統計に強気の見方も広がる。
・S&Pゴールドマン・サックスの投資判断を「HOLD」→「SELL」に引下げ
GW総じてドル買いの流れでしたが、NYダウ平均は11200ドル台でもたついており、
欧州のソブリン問題を材料に 売られる局面が目立って来ています。
天井打ちにも見える・・・?!4日はVIX指数25%もの急騰となりました。

■欧州
□5月2日(まさにGWど真ん中に)
ユーロ・グループ(ユーロ圏財務相会合)がギリシャ支援を緊急合意。
・支援総額は1100億ユーロ(ユーロ圏が800億ユーロ、IMFが300億ユーロ)
・2012年までの3年計画、初回支払いは19日のギリシャ国債償還前と決定
しかし、ユーロは反発できず、さらに下落が加速!!何故?

□支援にはギリシャ以外の15ヶ国全ての承認が必要。
・スロバキア
「ギリシャが財政赤字削減措置を実施するまで融資はしない」と支援に難色。
・最大の支援国ドイツもまだ議会の承認を得られていない状況。
(7日ブリュッセルでユーロ圏サミット開催予定、これまでに進展あるか注目)
・ギリシャは14兆円の支援を得る代わりに300億ユーロの財政赤字削減
(GDPの13%)が求められているがこの緊縮財政に反発した
ギリシャの公務員労組がデモ実行。グダグダ・・・・
・WSJは14兆円ではギリシャ問題をカバーするには不十分との見方を示す。

□さらに4日、スペインが2800億ユーロの支援を求めるのでは?との噂が。
サパテロ・スペイン首相は「全くの誤り」と否定も、ユーロ売りの材料となる。
まだまだユーロは売りね?!
今直面しているのはサブプライム級のリスクを孕んだ
「ソブリン危機」と大倉さん。
わかっていても乗れてない・・・。

■中国
□5月2日、中国人民銀行、預金準備率を0.50%引き上げ発表(今年3回目)
・5月10日より実施
(現在の預金準備率:大手銀行16.5%:中小銀行14.5%)
・中国の新京報が「預金準備率は18%に引き上げられる可能性がある」と報じる。
 後1.5%の引き上げられる可能性がある?
もう慣れたのか?市場へのインパクトはほとんどなし。
それよりも万博万博!凄い盛り上がりですね。
万博の成功が目下の焦点?

■オーストラリア
□RBA、政策金利を4.25%→4.50%へと0.25%引き上げ発表
声明文「今回の決定により、金利は借り手にとって”平均水準となるだろう”」と変更。
前回は「政策金利は借り手にとって”平均よりも幾分低い”」だったため、マーケットは
「追加利上げの必要性が少なくなった」と解釈?
RBAの利上げが終了したわけではないが、その継続して上げる可能性が後退。

□鉱山会社を対象とした増税計画、鉱山産業の成長を削ぐのではという懸念が。
利上げ発表後からオージーに売りが入る。噂で買って事実で売りの流れだけど、
これが調整に終わるのか、一旦の天井を見たのか・・・。
利上げサイクルが終焉に近いといった政策の変化が相場の転換ポイントとなることも
十分に考えられます。押し目買い一辺倒では危険かも。。。

■イギリス
□明日6日総選挙。
最大野党である保守党優勢。
日本時間では7日の朝6時頃には出口調査の第一報が出るとか。
選挙控えて?4/27~ポンド軟調。GW中はポンドドルは軟調推移も
ポンド円で見れば揉み合いに終始。(ポンドドルの弱さとドル円の強さで拮抗)
ブラウン首相の失言問題は、あってはならないこととはいえあまりに気の毒。
滅多にイギリスのニュースを取り上げない日本でも繰り返し失言とお詫び行脚の
映像が流された。メディアの恐ろしさを改めて感じる。
こりゃポンド売られたのはこのせいかもね・・・・。
選挙を絡めての相場には経験もなく、さっぱり先行きが読めません。

明日からのマーケットを控えて思うことは

①ユーロドルはまだ下がると思うけど、
ここから売ると流石に一定の戻りが入って踏まれそう。

②ドル円は95円乗せに成功しても、はしゃいでロングしちゃダメ!!
95.08~10銭あたりは、
2009年4月につけた101.42円の高値から
2009年11月につけた84.80円の61.8%戻しの水準。
だから95.15~20銭くらいまでの高値があっても騙しかもしれません。
(いやその後、また上がるとは思いますが一旦下げる可能性もってこと)

③水星の逆行は5月11日に終わります。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社