2010年6月7日月曜日

またしても凄い週末となりました。
GW明けにマーケットが暴落したのが5月6日でしたから
あれから一ヶ月が経過してもなお、マーケットは脆弱なままで
底入れを確認出来ていない事になります。
NYダウ、日経平均、クロス円、そしてユーロドル!!

ユーロドルはとうとう1.200割れです。
いつか来ると思っていましたが、やっぱり来ました。
節目割れで今週さらにどこまで下がるのか試されそうです。
おかげでクロス円でもユーロ円はユーロドル相場とともに
1番底形成の新値を取っていますが、これに比べると
ドル円はかなり確りしていますよね。
これは円高がきたのと同時にドル高も来ていたということの現れ。
そりゃそうね、ユーロドル崩落でドル高になっているんだもの。

ユーロドル崩落中は、ドル円とクロス円を同じカテゴリでくくらないほうが
いいということですね。瞬間同じ方向に動くことがあっても、
俯瞰してみればクロス円ほどドル円が崩れないことに気がつきます。

ダウや日経など株式市場でも再び1番底形成の懸念が広がっていますが
今週あたりには上なのか下なのか結論でるかしら?
個人的には5月に大底を入れたと考えていますので
ぎりぎりのところは守って上昇に転じるのでは?と考えているのですが
これは何の根拠があるわけでもないのでただの妄想と言われればそれまで(笑)
ダウ先も9900ドルを割り込んでいますので、
かなりこのシナリオも怪しくなってきました・・・。

今日の欧州・NY時間の動きが今後の要となってくるでしょう。
そもそも、雇用統計がショックとなって大きく下げるのでは?
というシナリオは先週前半から多くの専門家が指摘していたこと。
あまりに皆が同じことを言うものだから、
逆にそうはならないんじゃないかとさえ
思ったのですが、あまりにシナリオ通りに展開に拍子抜け。
逆に警戒してしまって乗れなかった・・・。

それよりもなによりも、雇用統計発表の21.30より1時間以上も前から
為替市場は動き出していました。またしても欧州絡みのネガティブニュースが、
この日は3つも飛び交ったのです。

①ハンガリーの破綻懸念
②ユーロスイスの介入レベル引き下げ?!噂
③ソシエテ・ジェネラルの巨額損失の噂
④フランス首相によるユーロ安歓迎発言

いくつかは真偽不明のままマーケットはこれらをキッカケに崩れだしました。
最初に動いたのがユーロスイスだったように思いますが、
特にユーロの売りと、クロス円の売りが加速し、雇用統計前に
マーケットは大波乱の様相となってしまいました。

そもそもハンガリーってユーロ導入していないでしょ?でも、財政危機問題が
周辺国に飛び火するとの連想なんでしょうね。
ハンガリー首相が不用意にデフォルトの可能性を
匂わす発言をしたことがキッカケになってしまったようです。
ハンガリーって5月に新政権が発足したばかりなんですね。
8年ぶりの政権交代での新政権だそうです。
前政権がデータを改ざんしたとかなんとか・・・・。

そして迎えた雇用統計。
予想がNFP+50万~70万というハードルに対して
なんと+43.1万人!!

ひゃーやっぱり。
今回は国勢調査の臨時雇用などがあってわかりにくくなっていましたが、
民間部門の雇用においても予想が+18万人にたいして結果が+4.1万人です。

雇用統計を目指して積み重なった分のロングはここで一掃されたのでしょう。
さらに売り込まれるクロス円、ドル円もやっぱり91円台に。
ダウも下がる下がる。

・・・・しかし下げ過ぎじゃないの?特にダウ。

だって、今回はあまりにも期待が高かったのが悪かったかと思いますが、
よくよく考えてみますと、3カ月連続雇用は増加しているわけですし。
失業率も9.7%へ低下して0.2%ポイント改善していますし。
やっぱりもっと大きな低下を期待しちゃったのかな・・・。
為替市場で噂で買って事実で売りという流れになることは想定できました。
結構ドル円クロス円買われましたものね。
しかし、それほど上がっていなかったダウにとっては手仕舞い売りというより
新規売りが出ちゃった下げなのかも?という気がします。
ダウ、飛び込み台が低すぎた。

私がこの日どのような行動に出たかと言いますと、
Twitterにはリアルタイムで書き込んでいましたが、
シックスセンスが働いてくれたんですよね。
どこへも寄り道せず、まっすぐ帰宅し、
72円台で作ったオージー円を78.22円で手仕舞ったのです。
その後の崩落・・・。よかったー飲みに行かずに帰ってきて。

あまりの大波乱相場に目が釘付けとなり、ユーロドルレンジ下限ブレイクをみて
1.2046ドルでショート。これも、なかなかのフットワークでしょ。
ところが、ユーロドルがここからあまり下がらなくて・・・・。
1.2033で撤退。撤退後に1.2000割れの雪崩発生、と。
こちらは忍耐が足りずに機に乗れませんでした。残念。
週末リスクを考えるとEUがまた緊急会議でもやって何か発表するかも、
なんていろいろと逆に考えちゃったんですよね。冷静に考えればもう
今更やれることなんてあまりないのですが。

Twitterの書き込みを見るにはコチラを☞ http://twitter.com/hirokoFR

というわけで、オージー円ロングは見事利益確定に成功したものの
ユーロドルショートは何時まで経っても乗れずにおります。
素直に売ればいいのですが、戻りを待ちすぎて機を逃し
売ったところで戻りが怖くてすぐに手放す小心者。

さて今週はとにかく今夜の欧米勢のスタンスを見てからです。
ダウが底割れするかしないか、ここに注目。
ダウが反発出来るようなら、目の前の危機は去ったと見て
クロス円ロングで攻めたいと思っています。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社