2010年6月29日火曜日

今日の不快指数は79
ほぼ半数の人が不快に感じる暑さだそうです。
(不快指数=夏の蒸し暑さを数量的に表した指数)
ホント今日は蒸し暑かったですよね。

Wikiによると75を越えると人口の一割が不快になり、
80を越えると全員が不快になると言われているそうです。
あ、為替と関係ない話をしてしまった。

だって今日は冴えない相場が続いてモヤモヤ・・・・
相場不快指数も上昇中だわ!!
今日の東京時間の為替市場なんて
「今日は休日ですか」って確認したくなるような地味な値動き。
株式市場も同様で、今日の東証1部の売買代金は今年3番目の薄商い。
暑さのせいなのかしらって(笑)

バーゼル銀行監督委員会が早ければ7月中旬にも
当初案の緩和方針を打ち出す見通しとの報道や、
G20での銀行税合意見送り、
米国の金融規制強化法案の一本化など金融株には好材料が
多かったはずですが、、、、今日の株式市場メガバンク株は年初来安値圏に。
地合いが悪いんですねぇ。資本規制緩和のニュースなどは
もっと材料視されてもいいと思うんだけどなぁ。
まだ6月なのにすっかり夏バテ相場って感じ。

ドル円はNY時間直前に89.05円まで下げてきました。
リスク回避からの円買いという説明になるのでしょうけれど、
超長期で見ればドル円の90円割れって魅力的な水準よね。
外貨預金レベルで考えるならドル買いしたいところですが、
ディーリングで思考するならまだ下がありそう。
5/6につけた安値88.20円レベルを試しそうな地合いです。

ドル円も下げているのに今日はユーロドルも軟調地合い。
フランスの10年物国債、対独利回りスプレッドが拡大したことが
材料視された模様。ん?ユーロドル、ネガティブ材料に素直に反応するように
なった?!戻り局面ではどんなニュースも無視して反発していましたが。
反発局面は終了したってことかもしれませんが、かといって再び
欧州を材料にユーロを売り込もうというトレンドが出来る気配でもなく。

テーマは欧州から米国景気へ移ったという見方もあるのですが、
まだそれもそれがトレンドというムードはありません。
W杯中はやっぱりこんな相場が続くのかな。
私にはちょっとこの相場難しくて積極的にやる気は起こりません・・・。

私の好きなポン様はひとり気を吐いているというのにね(笑)
センタンス金融政策委員の発言がポンドを押し上げています。
今日はロイターとのインタビューで政府の財政赤字削減計画は
中銀の利上げの必要性を弱体化しない、量的緩和策を緩やかに
解除する時期にきた、と、利上げを主張。
先週のポンド堅調もセンタンスさんのおかげで、
23日に公表された6/10のBOE議事録で
約2年ぶりの利上げを主張したことが明らかになっています。

そうそう、不快指数予報では(東京のね)
明日も79、水曜も78、木曜から日曜までの4日間は
なんと80にまで達する予報です。
まだまだ蒸し暑い日が続きます。
不快相場もこんなに続いたらイヤだな・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社