2010年7月30日金曜日

やっぱりそう簡単にリスクオン相場にはならないんだわ。
テーマなき相場で結局上も重い。
ドル円、86.20円まで下げてきているけど、
ココを割ったら、やはり
「円高の終焉を確かめる相場」がスタートするんじゃない?
と、今週初めにたてたシナリオをひっぱり出したりできます。

あー自分の立てたシナリオに信念を持ってSで耐えていれば・・・
と、タラレバタラレバしたくなりますが、
入り口を間違えると平気で1円くらいは逆に行きますので
やっぱりポン様は扱いにくいです。
ドル円でポジション取っていたら耐えられたかもしれないのに!
たら・・のに。

4~5円狙いで1~2円は逆にいっても耐える
というやり方で信念を貫くか、
そういう大きな値幅をとれる機会は少ないので
目先の50銭を取りに行くのか、
自分のスタンスを明確にしておかなくてはなりません。

私は前者狙いのつもりでしたが、やはり精神的(いや資金的?)には
1円を超えるロスには耐えられないんです・・・。
大きく狙うより、確実に取れると分かるポイントで数十銭の利益を
積み重ねる方が、結果的には勝てるということに
気がついてはいるのですが、、、、。

さて、ここから今夜ドル円が反発できるか、
底割れするかの攻防ですが、
今夜は米第2四半期GDP速報値がでますね。
前回は2.7%でしたが、今回は2.5%とか、2.6%への
減速が予想されています。
今の地合いの弱さはこれらを折り込みに来ているのかもしれませんね。

今週でている指標、米6月耐久財受注とかベージュブックでは、
景気拡大ペースの鈍化が示され、低金利政策の長期化が予想されています。

個人的には今週始めに書いた
「円高の終焉はどこか確かめる相場」になるとみて
円高が止まらない展開を予想。
かといって今から売り参入できないですけどね。
高いところでポン様に手を出して、諦めたスットコドッコイです。


今夜は月末の金曜ということで
YMTV「大倉孝VSだいまんの為替デスマッチ」生放送があります。
会員限定の放送ですが、両巨匠のここからのストラテジーを伺います。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社