2010年8月3日火曜日

今夜はドル安が加速していますね。
ユーロドルとかポンドドルのチャートが噴火してる!!

先週末はリスクオン相場の回帰を期待して
クロス円のレンジ上方ブレイクに着いて行こうなどと
思ってみていましたが、今のマーケット、主役はドルね。
クロス円狙いじゃ妙味薄だわ。
だって「ドル安」がテーマでドル円が円高となっちゃうから
クロス円もどうしてもドル円に連れて頭重くなっちゃう。
それでもストレートが強いから下げないですけどね。

先週、テーマが見当たらない、テーマがないのがテーマなどと
このところのマーケットが見えないことを
材料難のせいにしていたけど、
こうしてみると材料ははっきりしているじゃない。
「円高の終焉を確かめる相場」ってのは裏をかえせば
「ドル安の終焉を確かめる相場」ってことでもある。

ドル円とクロス円のチャートの形があまりにも違っているということは
主役が「円」ではなく、「ドル」だということに、
なぜ先週気がつけなかったのだろうと後悔中。
気がついていたらユーロかポンドを仕込んだでしょうに・・・。
と、お約束のタラレバ記述。今頃気がついてもなぁ。ーー
この角度で上がったユーロなんかを追いかけて買ったら
天井掴みになりそうよね。

今日は野田財務相が「政府は為替市場を注視している」と発言したことを受けて
ドル円が今日の安値である86円03銭から値を戻したという指摘もあるようです。
先週末金曜にアメリカのGDP速報値が2.4%と振るわなかったことを受けて
ドル円が86円台を割り込み年初来の安値を更新していますので、
市場は「介入」へ警戒していると見る向きもあります。
「注視している」ってのは直接的ではないですが、
一方で峰崎財務副大臣は
「為替の水準について、あれこれ言わない方がいい。」と言いながらも
「今日の段階では、それほど急速な円高は進んでいない。」と
思いっきり為替の水準に言及していたりして面白い。
発言の内容についてとやかく思うことはありませんが
さすがに85円台に突っ込んでくると、介入を意識しての
発言や思惑が出てきますね。

私はやっぱりこの8月にもドル円での円高の最終局面を迎えるような
気がしてならないし、それを裏返すとユーロドルが思わぬ水準まで
戻ってしまうってことにも繋がるので、ドル円を売るか
ユーロドルを買うか、そういう方向でシナリオを組み立てたいな、と
思っております。ただし、ポジションを取るタイミングは大事で、
思ったら吉日なんてことは絶対にない。といろいろな局面で
学習していますので、好機をじっくりと待ちます。
少なくとも今日はその方向に大きく動いてしまったので・・・・。


※メモ

特にポン様が気を吐いていますね。何故こんなに強い?!
1:英サンデータイムズ紙記事「英国は米国やユーロ圏、
日本よりも早い成長を見せるだろう」
2:英7月PMI製造業が予想57のところ結果57.3の好結果
3:HSBCホールディングスの2010年上半期決算がアナリスト予想を上回る
4:ロイヤルバンク・オブ・スコットランドが318の支店を
スペインのサンタンデールに売却するとの未確認報道。
(ポンド買いユーロ売り材料?)

それなりに材料があったのね。
今は流れに乗るべし?!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社