2010年7月12日月曜日

参院選の結果って今日のマーケットに影響したのでしょうか?
株式市場では「政局の流動化を懸念した売りに押された」
なんて解説されていますが
商いは低迷したようですし、為替市場では
「政局の混迷から円安へ」なんて解説もありましたが
それであるなら株価にとっては必ずしも
売り要因とならない面もありますよね。

結局円売りが進んだのも東京時間午前中までで
午後からは一転円高進行で上げ幅をすっかり削ってしまいました。
選挙の結果がどうとか、現時点では
あまり関係ない動きなんじゃないかと思います。
今後の政局次第で動きが出ないとも言えませんが・・・。

今日の為替市場で材料で動いたというならユーロ。
今日7/12発行のドイツのシュピーゲル誌が
「欧州の銀行ストレステストは、最悪のシナリオで独連邦債に
一定の条件の下で2.3%のヘアカットを適用。
各国のヘアカット:ギリシャ20%、ポルトガル11%、アイルラン
ド8.6%、スペイン6.7%、イタリア4.9%」
と書いたと報道されるとユーロが売り込まれました。
これを材料にドル円も上がったんじゃないかと思います。
選挙結果じゃなくて。

ストレステストの結果が公表されるのは来週末23日金曜日ですが
これまでの楽観が悲観に変わるのかどうか、期日が近づけば
これをネタにユーロが動きそうですね。

ユーロドルは底入れから大きく戻りを見せていますが、
ユーロを積極的に買っているという状況ではないでしょうから
ショートカバーでしょう。
であれば結構ショートカバーも進んだものと思われ、
新たなユーロ売りポジションを作りやすくなっている
と見ることもできます。

また、ユーロ・円では本邦輸出企業の売り遅れ状態が解消されて
いないと言われていますので、現在のユーロ円のレンジ上限
113円程度まで上昇したら再度
ユーロ売りが強まる可能性が高いと思っています。
一目の雲がガッツリ上を阻んでいますよね。

というわけでユーロ売りが面白そうだと思ってみているのですが
ドル円が日足でボリンジャーの中心線で頭を叩かれて
ダレてきたのが気がかり。ドル円が下がるってことは
ユーロドル上がっちゃうってことだしなぁ。

ドル円はこのまま90円を目指すとも考えにくく、
どうも相関性を考えると
今すっきり見えてこないのが正直なところです。

ポン様はなぜだか強い。
先週のBOE では金利の据え置きと資産買取枠の据え置きを発表しており、
依然として回復の鈍い経済状態を露呈したように見えますが・・・。
ポンドドルは1.52で頭打ちで反落してきたのですが
今日夕方からは上昇基調に。1.50台を回復しています。
明日13日にはイギリスの6月の消費者物価指数が発表されます。
BOEが目標とするインフレ率2%を1%以上上回る状態が
既に5ヶ月間続いていて今回また2%を上回る数字がでれば
半年連続での3%台乗せとなることから
利上げの議論が高まるとの見方があることが
ポンド買いの要因かな?と思ってみてます。
※市場予想は+3.2%
逆にこの予想に満たないということになれば、
今買われているポンドが
崩れてくるんじゃないかな・・・・。

というわけでポン様の戻り売りってのにも注目してます。

※メモ

米財務省は8日、貿易相手国の為替政策に関する半年次報告書を議会に提出。
中国に対する「為替操作国」の認定を見送った。
報告書の提出は、外圧を嫌う中国に配慮して自主的な人民元の切り上げを促すため、
報告書の提出を当初4月15日の予定から約3カ月延期されていた。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社