2010年8月16日月曜日

東京時間のボラの低さと言ったら・・・・
お盆を跨いだ今週も夏休み中って方も多いようですから
今週も東京時間は動かないのかもしれません。

しかし、欧州時間に入った途端に動き出しました。
海外時間は容赦なく動きます。
ドル円は再度85円割れを試すのだろうか?
というような円高進行となっています。

やはり先週の15年ぶりの円高水準までの円高局面で、ドラマが終わったと
見る向きは少なく(というか、皆が皆円高を予想していません?!)
今週も底がどこなのか確認する相場の流れとなりそう。

今日の日本の4~6月期のGDP速報値はちょっとショックだったなー。
年率換算0・4%増って、前期1~3月期の4・4%増から比べると
大幅に伸びが鈍化してます。
一応3期連続プラスは保っているのですが・・・。

これを受けて株は売られ、、、。
といいますか、株式市場もなんという静けさ。
やっぱりまだ夏休みの人が多いんだよね、、そうであってくれ。
という関係者の声が。今日16日の東証1部の売買代金は
先週末比20%減の9094億円ということで、
なんと今年5番目の少なさに終わりました。
夏休みだよね?!

なんとも冴えない東京市場ですが、金融関係者の間には
 「当局がこのまま何もしないわけにはいかない。
いずれ政策催促相場になる」(国内銀行)との声も。
臨時でとか緊急で緩和策を出すとなるとまた大変でしょうから、
先週の日銀の金融政策決定会合の時になにかやっておけば良かったのに。
少なくとも市場にはそれを期待(指摘)する声があった。

今回の円高の原因は円高じゃなくてドル安だという見方が大勢ですけれど、
それだけじゃなくて市場関係者が日本当局の足元みて試しに掛かっているという
気がしないでもないわよね。それが、催促相場です。挑発ともいう?!

それなのに今日、荒井経済財政担当相、
日銀総裁と菅直人首相との会談について
「近々この状況を踏まえて会談するというふうには聞いていない」
と述べるなど拍子抜け発言を・・・。
政府・日銀のトップ会談で追加緩和が検討されるとの見方が強まっていたのに
ハシゴを外されたみたいな気分よ。
キャプテンが当局には緊張感がないとおっしゃってましたが、
これでは本当に挑発相場が来そうだわ。

天邪鬼の私にとっては今のように皆が「ドル円はまだ円高にいく」
と声を揃えているのはどうしても気持ちが悪いのですが、
しかし、今日発表のくりっく365のドル円の
個人投資家のポジションを見るとドル円ロングがショートの倍以上あって、
「声」にはなっていないが底入れと見ている投資家も多いということも伺えます。
このロングが
ツイッター上ではどこかの業者さんのドル円のポジションの7割がロングだとの
つぶやきもありました。
罫線的には85円割れでWボトムとなるのでは?という見方もできますものね。

ですから
皆が円高と雁首揃えて言うから円安になる!!
と言うようなことも言えないわけです。買いもしっかり入っている。
もしかしたら、そうしたロングポジションが全て投げさせられるような
暴力的な挑発に合うかもしれないというわけですね。

でもここから円買いってのは勇気がいるなー。
私も取引はお休みかな。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社