2010年8月19日木曜日

さすがポン様やってくれます…・。
昨日は議事録内容を好感して
1.5510→1.5687ドルへと  pipsもの急騰を見せましたが
今日は小売売上高ですか。皮肉なことに昨日と全く同じレベルの
1.5510から今度は1.5645ドルまでの急騰です。
丸一日かけて下げてきたものを一瞬で担ぎ上げました。
このボラティリティこそポン様!!
・・・・昨日ポンド円ショートしたのですけれど。
利がすっかり剥げ落ちてしまいました。

さて、ここで撤退すべきか、それとも売り増すべきか。
大いに悩んでおります。
ボリンジャーバンドの中心線、そして日足でみる現在のレンジ圏の上限が
1.57レベルにあり、この動きがレンジだとしてもまだ上値余地があるんですよね。
一旦撤退して、1.57レベルで売り直そうか。
いや、到達せずにまた下落するかもしれないし、このまま耐えようか___。

…・結局何もせず(笑)
耐えてるってことになります。大丈夫かな・・・・。

一応今日の英7月小売売上高のニュースを。
■小売売上高 :除自動車燃料(前年比)=予想0.2%→結果0.9%
       :除自動車燃料(前年比)=予想1.8%→結果2.4%
       :含自動車燃料(前年比)=予想0.3%→結果1.1%
       :含自動車燃料(前月比)=予想0.6%→結果1.3%

軒並み予想を大幅に上回る好調な結果でした。

■公共部門ネット負債=予想48億ポンド→結果32億ポンド(前回145億ポンド)

負債は大きく減少。

■マネーサプライM4(前月比)=予想+0.3%→結果+0.4%
              (前回±0.0%も+0.1%に上方修正)

マネーサプライ増加しています。

この材料だけを見るとポンドを買いたくなるなー。
急騰するのもわかります。逆バリでの売り狙いは間違っていないだろうか・・・と
不安になってきますが、スタンスとしてはまだ大きな調整の中だと思ってます。


さて、今日は「日銀の追加金融緩和」を巡って様々な憶測が飛び交いました。
「日銀が今日14時に臨時金融政策決定会合を開催する」との噂が
出たものだからドル円は85円90銭くらいまでの円安進行となりました。
・・・・結局噂に終わりましたね。
産経新聞が日銀が行う金融緩和策は
「昨年12月に日銀が導入した年0.1%の固定金利で
貸出期間3カ月の資金供給を行う新型オペの規模を、
現在の20兆円から30兆円に増やす案が浮上している」
「期間を3カ月から6カ月に伸ばす可能性もある」
などと具体的に書いていますが、こうして実際の発表時のインパクトは
薄れていってしまうのね、きっと。

とかなんとか書いているウチに
ドル円がまたまた85円を割り込んできました。

1・新規失業保険申請件数が増加 予想47.8万件→結果50万件
2・8月フィラデルフィア連銀指数 予想7.2→結果▲7.7(えっ?!マイナスに?)

あらららら。今夜にも底抜けしちゃうのかしら。
昨日のYMTVで荻野さんがドル円は戻り売りだとお話されてましたが
売りそびれたわ、こんなに早くまたダレてくるなんて。
ポンドドルはレンジ上限までは上がるかもしれませんね。

明日からは水星の逆行期に入りますし、
ますます波乱の様相となりそうです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社