2010年9月1日水曜日

なるほど、今日は月末だった。
月末特有の動きってのも覚悟しておくべきだったと思うのですが、
なーんにも考えてませんでした。

ロンドン時間に入ってからのドル円、ユーロドルの反転上昇。
そして理不尽に下げ続けるポンド。
ユーロポンドの1Hチャートなんか物凄いことになってるわ。

ドル円の反転はNY時間に瞬時に剥げ落ちましたが
ポンド独歩安状況は継続中。
ニュースがない。
Twitter上ではBP絡みの支払いか?
なんて憶測も飛び交ったりして。
でもYEN蔵さんのつぶやきでなるほど合点がいった。
「月末のロンドン16時フィキシングじゃない」
ロンドンフィキシングですか。。。
時間的にビンゴですね。

ポンドがどんどこ売られるものだから
ユーロが上がっちゃって、私のユーロドルSの利益がドンドコ削られちゃった。
1.2700を超えて上昇したのを見て、怖くなって手仕舞ってしまいました。
1.27139ドル。
一番利益が乗っていた瞬間からみると3分の1くらいまで利益縮小でカット。
・・・・ま、損しなかっただけいい?!

この間まで売り持ちしていたポンドドル、降りずにまだ持っていたら・・・
とかタラレバトークも繰り広げたくなる顛末に終わりました。
月末要因なら、一時的なものかな。
ユーロドル、耐えて持ち続けておくべきだったかな。
とかなんとか、いろいろと(笑)

こういう騙しのような動きがあった後のほうが値動き軽くなったりするから
再度ユーロドル売り直そうか画策中です。

いや、それよりも政局ばかりでマーケットになおざりな
今は素直にドル円売っとくべきかしら?
今夜のトリッキーな値動きでまたわからなくなっちゃいました。
明日以降の動きを注意深く監視して(流行ってるしね)
よく考えてからじゃないと再度ポジションん取れないですね。
次の一手は雇用統計に向けたシナリオとなるでしょうか・・・・。多分。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社