2010年9月13日月曜日

中国の指標前倒しでアレコレ思惑錯綜の件は結局何事もなく終わり
今日は順調に豪ドルが買われるという流れとなりました。
ユーロドルが強いのも関係あるのかしら?リスク回避懸念が後退で
リスクオンに近い流れになった1日という解釈でしょうか。
なんだったんですかね・・・・(笑)
こういうネタにはしゃいで飛びついちゃうのが私の駄目なトコ。
(だからといって何もしてませんが)

もろもろの指標内容は予想通りに好調な結果、
かといって引き締め策を講じるでもないという適度な成長ぶりを
発揮している中国ですが、そりゃそうですよね、何もかもコントロールしてるんだもの。

ガイトナー米財務長官が「中国は十分に人民元を誘導していない」と非難したそうですが、
そもそも誘導ですからね(笑)中国に都合のいいように誘導するにきまっているじゃないですか。

この中国の確りした足取りに乗るなら豪ドルを買うことがいいのでしょうけれど、
はたしてここまで高くなったオージードルに乗っかっちゃっていいのか?!
ストレートのオージードルを見ると、
今年4月11日につけた高値0.93872と
去年11月16日につけた高値0.94051と
Wトップで下げて(5月の暴落で崩れた)
そこからその高値にあと一息で到達しようというところまで上昇してきています。

トリプルトップ狙いで0.94くらいに売り指値を置いてみようか?!
しかし、オージーを売って、米ドルを買う理由はなんだ?!
アメリカは輸出倍増計画やら追加金融緩和策の思惑などでドル安なのは
明白ではないか。チャートだけでショートするのは危険?!
しかしオシレーター系指標を見ても買われすぎの域なんだよなー。
と悩んでいるところです。
オージー円はドル円の円高進行が止まらないことにはレンジ上抜けは
無理でしょう。80円台があれば売りです。いまのところは。

さて、明日の民主党代表選を控えているのでどうもやる気が起きませんね。

菅氏勝利なら
国債増発懸念後退で、債券買いの金利低下。
株価は・・・?!日銀への緩和圧力を強化、円安となり上昇という見方もあるみたいですが、
だったら今やって。今まで出来なかったことが出来るとは思えないのですが。。。
小沢氏勝利なら
マニフェスト重視政策のため、国債乱発?!財源は?・・・金利上昇。
財源は?でも積極的財政出動で断固たる為替介入の可能性が好感で円安。株価上昇。
財界には小沢氏待望論が強いのも頷けますが、中長期での日本の姿が見えない・・。

マーケットに与えるインパクトはそれなりに大きいでしょうから、
今ヤマ勘だけでどちらかに賭けるってのもアリだとは思いますが
私は遠慮しておきます。

でも菅さん、為替相場について
「日本が何らかの行動をとったときにネガティブなことはいわないでほしいといろいろやっている」と発言したとか。
この人、やっぱり薄っぺら・・・。
こうした交渉を表に出すのが得策でしょうか?
したたかさに欠くというか。
市場は協調介入は難しいと見ているというのが共通認識ではあるものの、
それをこの発言でより「ハッキリとさせちゃった」みたいなもの。
90円台半ばが望ましい。といった発言もそうでしたが、水準への言及はなくていい。
日本が世界から協調してもらえないことを、総理がわざわざ公言しなくてもいい。
各国は日本が本当に単独で介入した時に、菅さんにお願いされているから何も言わないです。
なんて口をつぐんでくれるでしょうか?
お願いしているってことを公言された以上、
なおさら断固として為替操作を黙認できないという立場を
明確にしなくてはならないという意見も出てくるんじゃないかと。
むしろ、言わないつもりだったけど、
これで言わざるを得ないという状況になっちゃったんじゃないかと、
いろいろと推測するに、しみじみがっかりな発言でした。

だから菅さんに決まったら、ドーンと円高に行きそうな気がするんですよね。
挑発の円高。これが怖くて今は何もしたくないんです・・・。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社