2010年9月15日水曜日

菅氏勝利なら円高。

確定の瞬間は市場の予想通りの動きを見せた為替市場ですが、
上に下に振らされて結局は行って来い?!
しかし、その後も円高を試す動きは継続し、23時過ぎには
瞬間83円の大台を割り込む瞬間も。
もう83円台を守れると見る向きは少なくなってきているわね。
83円台に慣れちゃった上に、いずれこのレベルも下がるだろうって。
為替市場からは歓迎されていない菅さん決定で、この先も円高が
継続するのが確定してしまったかのようなムードです。

これ、このまま本当に60円とかあり得るのかしら・・・・?

さて、今夜は凄いですよ。
金価格も現在までで1270ドル。史上最高値更新しました。
さて、この金の上昇はどういうワケでしょうね。
素直に無国籍通貨としての金に資金が集中とみていいのでしょうか。
マーケット全般見てみると、円高円高と騒いでいるのは日本だけで、
今日起こっていることはドル安です。

ストレート通貨は軒並み上昇、ドルが売られているの。
先のFOMCで金融超緩和継続となり、21日のFOMCでも更なる追加策が
出るかもしれないと言われてますもの。輸出倍増計画の米ドルは下がってもらわねば
ならないのです。って、、、わかってたけど、こんな風に突然来るか。最近は欧州通貨が
弱かったのでドル、戻っていたんだけどね。
ドル安で金に資金流入という相関性が顕著に見られるわけですが、
ドル円相場だけに気を取られていると、乗り遅れます。
ユーロドルなんか急騰しているわ!!
ドル円でのドル安なんかより、むしろコッチの方が値動き大きいです。

ユーロドル、日足のレンジ上限に迫っていたので、
これは3度目の正直でレンジブレイクしてユーロドルが1.30くらいまで上がる!!
と読んで、今日夕方にユーロドルを1.2880でロングしたのです。
日足が一陰介在五陽連という強気のサインを示していたのよね。
ああ、これをこのまま今持っていれば。。。。

ほら、その後、ZEW景況感指数が発表されたでしょ。
酷い内容だったの・・・。

ドイツ・ユーロ圏9月ZEW
独ZEW景況感調査
予想10☞ -4.3(前回+14.0)
ユーロ圏ZEW景況感調査
予想+14.5☞ +4.4(前回+15.8)

これで、ドーンとユーロドルが落ちた。
1.2827ドルくらいまで下げたかな。
これは駄目だと30分pipsくらいやられたところで撤退。
(その後ドテン売り仕掛けようかと迷いに迷ってそれは止めた。)

ところがその後のV字回復の倍返し。
強気のサイン通りの物凄い上昇となったのでした。。。
この相場、読めていたのにタイミングを間違えて損を出してしまうという
見事なヘタレっぷりで、
「なぜ、ポジションを取る前に、指標の発表があることを確認しないのだ」
という基本中の基本を怠って、思い立ってすぐポジってしまった自分を
責めているところです。

ポジションとって、撤退のリアルな書き込みは
こちらTwitterで☞ http://twitter.com/hirokoFR

もうすぐ1.30ドルに到達するわ・・・。
しかし、1.3031ドルあたりに強烈な抵抗銭200日線が走っているのよ。
ロングが成功したら、ココあたりまでを目安に利食いを入れようと
思っていましたので、そろそろ止まるんじゃないかと思ってるんですが。
これを超えて上昇するようなら、これはもう、本格的に米ドル安がスタート。
そうなれば、ドル円の60円だってリアリティが増してしまうわ。

でも、これ、一時的には止まっても、超えてきそう。
それを暗示するような動きとなっているのはAUDUSD
とうとう、週足でのWトップの水準を3度目の正直で超えてきた。
これでオージーは青天井?!
もちろん、一旦緩んで調整もあるでしょうけれど、
いよいよ本格的にアメリカがドル安政策を取ってくるという
象徴的な動きを見せた1日だったのかと思います。

というわけで、次はドル円を素直に売るかな。
ユーロドルは下がったら買い。
・・・でも今日悔しい思いをしたのでユロドルは見てるだけにする!!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社