2010年11月10日水曜日

■今日は中国が利上げするとかいう噂があったようですね。
こんな噂が出るのも今週11日木曜日、インフレ指標となる
10月のCPI消費者物価指数が発表されるからなのでしょう。
予想は+4.0%。前回が+3.6%でしたからさらに上昇すると見られており、
こうしてインフレが確認されるようなら、再度利上げがあるのではないか
という思惑がではじめているということかもしれません。

でも、心配には及ばない気が。

だって、市場が警戒していたり、催促されるような状況下では
中国は動かないもの。常にサプライズを狙っているんじゃないか?
と勘ぐりたくなるほど、
市場の関心がなくなったタイミングで事が起こります(笑)

■ユーロは更に下落しました。
アイルランドの財政緊縮措置が遅れる懸念が出ているようですが、
ポルトガルやアイルランドと独の国債利回りが
ユーロ導入以来最大に拡大したことが材料でしょう。
売られすぎたドルの買戻しもまだ終わっていないとも言えますが。

■しかしながら、夕方、ユーロが突然噴火。
昨日1.406台でショートした私のユーロドルの運命は?!

外出していたので噴火中は気がつかず、
帰宅して最安値からは利益が半減しているのを知って、
ちょっとナーバスになりましたが、いやいや、市場のテーマは
欧州のソブリンリスクにシフトしたはず(まだ思い込みかもしれませんが)
ならば、これは自然な戻りに過ぎないので、動かず耐えるべき・・・・。

というわけで、我慢してパソコンの前を離れて正解。
ユーロの買い戻しは一巡したようで?!再度ダレてきています。
ふー、このまま下げてくれるかしら?!
まだまだこの欧州問題再燃相場は続くと見ているのですが・・・。
今日のユーロ急騰、材料はなんなのかしら?!買い戻し?振るい落とし?!

■今個人的に注目しているのが明日出てくる
BOEの四半期インフレレポート。
今年最後のリポートになります。

前回8月発表の時のインフレ率見通しは
■2011年までは付加価値税率引き上げなどを背景に
2%を上回るが2012年半ばまでに約1.5%まで伸びが鈍化して
2%を下回るとされていました。

■GDP見通しは
2010年半ばに2%超
2011年半ばは2.5%程度
2012年半ばまでの年3%上昇する

この8月の内容と見比べて、
どのように変化したかでポンド相場には大きな材料とってきます。
強気に転じているのか、弱気に転じるのか、、、、
ですが、
恐らく強気に転じて直後にポンド上昇。
ってな流れになるんじゃないかな。
イギリスのことだし、結構強気と楽観、
インフレを先取りして予測しそうな予感。(ただの勘)
しかしその後、ひとしきりポンドが買われたところを
たたき売って売りで取るのが正解。これもただの勘(笑)

いや、なんか向こうは物価が上がってるって話が出ているの。
だからなんとなく(笑)トレードするつもりがないので
無責任予測です。皆さんも自己責任ですよ!

あれあれ?またユーロが上がってきたわ。
うーん、まだまだ気が抜けません。11/9 23:58

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社