2010年11月17日水曜日

ポンドが崩れてきました。
ポンド円なんかはここから130円割れを目指して
ショートするのが面白い局面かと思うのですが?!

ポンドも崩れていますが、ユーロが崩れていますね。
ユーロポンドで言えばユーロ安でユーロのほうが弱かったのですが、
今夜はポンドのほうが弱いみたい。

今日は英国の消費者物価指数が発表されました。
予想が+3.1%のところ、実際の数字が+3.2%となり、
9ヶ月連続でBOEのターゲット+2%の±1%を上振れる展開となる強い数字。
勿論一時的にはこの数字に反応してポンド買いが入りましたが長続きしませんね。
今現在(16日1:00)はポンドが売られる展開となっています。

キングBOE総裁は先ほど、CPIがBOEの容認レンジ1~3%を上回ったことにたいして
財務省に説明する書簡を提出しました。(三回連続で上回ってます)
これはノルマ作業。容認レンジを上回ると説明しなきゃなんないの。

キング総裁は「CPI見通しは、どちらへの方向にもかなりの不確実性がある」とし、
「CPIは来年もターゲットを上回ることが予想される」との見解を示しました。
これ自体はポンド買い要因のはずですが、その後
「必要があれば、BOEは更なる追加緩和実施する事可能だ」なんて発言もしており
これが材料視されてポンド売り優勢、、、、って流れになっている模様。
しかし、ドイツ・ユーロ圏のZEW景況感調査が発表され、
ともに予想を大幅に上回るサプライズの結果となったのに、ユーロ買いとならず。
ユーロに関してはもはや数字で買われる通貨ではなく、現在のトレンドとして
弱材料に敏感に反応して売られる通貨となってしまっています。
このところアイルランドを巡るネタが市場を賑わせていますが、
これがリーマンショック時の時程深刻な状況でないにしろ、
今の市場のトレンドとしてユーロの売り材料とされてしまっているようですね。

気がつけばドル円は現在83.38円まで上昇してきています。
こうなってくると完全にドルの買い戻し相場に入っていることが
確認できるかと思いますが、ユーロドルのショートポジションを
保有しているので、あちこち手を出さないことにしております。
ホントはドル円も押し目買いでロングしてみたいところなんだけど。

FXを始めた当初は、資金も豊富で度胸もあったので、
今のような局面ではドル円の押し目買いと、ポンドドルの戻り売りなんかを
同時に仕掛けたりしていたかと思うんですけれど(笑)
あまりいろんな通貨に手を出していい思いをしたことがないので
今はあまり余裕がないため、ユーロドルのショート1本で攻めたいと思います。
まだまだユーロは下落、ドルは買い戻しのトレンドの中じゃないのかな、と。
オヤスミ~

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社