2010年12月22日水曜日

商い閑散でポジションもとりにくいですし、
これといって大きなニュースもないので
今日は気になるニュースを貼ってお茶を濁す。。。

米国債利回り10年と30年の格差縮小、量的緩和打ち止め示唆も
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920021&sid=axSrDvGg42Lw

現在のようなイールドカーブ(利回り曲線)の平坦化は利下げの打ち止めを
示唆することが多いのだそう。つまり、QE2で量的緩和は打ち止めになるのでは?
ってな観測記事。・・・・そうですかねぇ。年末特殊要因なのでは?!

米景気予想:強気に転換、新興市場混乱で-ゴールドマンのオニール氏
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920011&sid=aF5udBTZ06UQ

オニール氏、米国強気転換発言ですが、これほどの量的緩和をしたのですから
それなりの効果がないとね。しかし、実体が伴うかは疑問。
ギャップが埋まらぬうちに何らかの不安要因が表面化すれば再度ドラスティックな
下落もあるでしょう。しかし、資産バブルを演出し実体がついてくるまで逃げ切れれば
なんとかなっちゃうかもしんない。来年はその見極めでしょう。
私はやはり悲観論者。

ソロス氏予言の金バブルの行方-暴落の運命ならETF個人投資家受難
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920011&sid=aig2JI3iKKcE

私には秩序だった上昇にみえます。
年足ベースで10年連続での陽線となりますが、
バブル化したような上昇の形には見えないけどなぁ。
バブルとかいいながらポジション膨らませてるんだもの・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社