2011年2月8日火曜日

ポンド、崩れました(`・ω・´)ゝ
昨日のブログにはポジショントーク全開で
『上がるわけない』と持論を書かせていただきましたが、
そうそう、こういうことです。
この時期に利上げなんていう不確かな期待で買われたなら
そこは絶好の売りのチャンスってことなのよ。
(ちょっぴり鼻高々!)

BBCが「英政府は銀行税を25億ポンドまで引き上げる」
と報道したとかで、ポンドが売られる流れに。
緊縮、増税ですよ、利上げなんて・・・・。

というわけで、ポンドドル1.627ドルのショートは継続保有で正解。
もう少し粘ろうと思います。
今年の本当の相場「ドル安」が明確になって来るのは
もっと後かと思っています。、、、か、株は異常に高いんだけどね。

1.6000割れ、1.58ローくらいまではさげるんじゃなかろうかと見ていますが
それはその時のニュース、地合いを観て撤退時を見極めていきたいと思います。
でもココ2日くらいはポンドの上昇で苦しかったですー。

さて、先ほど中国が1年物預金金利、1年物貸出金利をそれぞれ0.25%
引き上げるとを発表しました。

これを受けて豪ドル売られています。
となるとコモディティlも?!これが銘柄によって明暗わけてます。
原油先物が下落している一方、貴金属は急伸中。
原油は素直に中国の引き締め受けているかと思いますが、
金などの貴金属急騰は一体。。。。
普通にファンドが買っているってことのようですが、
何故このタイミングで買うんでしょうね?!

春節明けで明日から中国マーケットが動き出しますが、
その間の世界のダウ、日経などの上昇を鑑みると
明日は急騰してしまうリスクがあったと見られ、
これを牽制する狙いがあったということを考えれば
このタイミングでの利上げは不思議でもなんでもない。
むしろ、ウマイねぇ。
って感じ?!ってな流を予測していた向きがあったのかもしれませんね、
マーケットはそれほど崩れているという感じじゃないの。
もう0.25%くらいの利上げじゃ相場はもろともしないのか?
明日にはこの材料もすっかりこなして、何事もなかったように上昇しちゃう?!

それ、結構怖いね。いよいよ通貨の切り上げを真面目に考えなければならないのかも・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社