2011年2月14日月曜日

ユーロドルの日足がプチH&S(ヘッド&ショルダー)みたいな形になってるなー
なんて思って眺めていましたが、見事に三尊天井ってな格好になってきました。

そう思った時に売ってれば良かったな・・・・

3連休初日の11日、トリシェ総裁はがドイツで
「今年と来年、インフレ率は2%をわずかに下回ると予想」
「ユーロ圏のインフレ率はECBが容認できる水準に戻る」
「直ちに利上げを決定する計画はない」なとど発言。

これってこれまで利上げがあるかもーなんて期待で買われた分が
剥落する材料になりません?!利上げ期待後退です。
となると、ここからユーロを買う理由は何?!
しかも、欧州圏を巡って再び懸念材料が出始めました。

今日明日に行われるユーロ圏財務相会合では2ヶ月前に決定された
アイルランドへの金融支援の内容の再検討がなされるとか。
また、ポルトガル発行の10年債の利回りが
ユーロ導入以来最高の7.35%に上昇、
EU救済を拒んできたポルトガルですが、大丈夫なんでしょうか。

というわけで、ユーロドルは一旦の天井を見たと思うのですが、
何しろ今ズルズル下がり続けていて売ろうにも売れない。
すっかり乗り遅れちゃった。
天井といっても、ドカーンとユーロが崩れるというイメージはまだ無いので
せいぜいレンジ下限までの下落じゃなかろうか、、、、
最終的にはドル安を予測していますので、1.30ドル割れでもあれば
ユーロ買いたいですけどね。

1.6270でショートしたポンドドルはまだ保有中。
今日の午前中はかなり戻りましたので、苦しかったですが、切らなくて良かった。
先週10日のMPCでは英中銀は政策金利を予想通り過去最低水準の0.5%に据え置き。
資産買い入れプログラムの規模についても現行の2000億ポンド維持を決定。
今回は「影のMPCが利上げを予想」していたため、ちょっと心配でしたよね。
このおかげでポンドが大きく買われていましたので、この動きをおかしいとして
ポンドを売ったわけです。
だって2010年第4四半期のGDPがマイナス成長ですよ、
利上げするわけがないわよね。 

しかし英国のインフレ率は中銀の目標のほぼ2倍に迫り
上昇を続けています。近い将来における金利引き上げ予想というのは
ポンド市場において今後も波乱要因となりそう。

短期金融市場では5月に25bpの利上げが実施されるとの見方が
織り込まれているため予断を許さない状況。
売り方はあまり安心しきってはいけないのかも。
インフレ懸念に対し何らかの措置を講じるように
BOEに対し圧力が高まっているというのが、
今回の影のMPCの利上げ予想だったのでしょう。。。

今週水曜、16日には四半期インフレリポートが発表されます。
先週のMPCの結果を受けて、物価圧力が中期的に和らぐとの見方が示されるのでは?
という見方にはなっているようです。しかしそれはあくまで予測。
これが波乱材料となる可能性は高く、インフレリポートが出る前には
ポジション仕切った方がいいかな・・・とも思案中。

それから今週の注目は中国のCPI。
先週春節明けに中国は金利引き上げを発表しましたが、これで今回のCPIは
過去最高の数字になるのでは?との予測が広がりました。

事前予想では前年比+5.4%と大幅なインフレ予想となっていましたが、
今日のアジア市場では、+4.9%にとどまるとの噂が。
これを受けて、上海総合株価指数は大幅に上昇しました。
なんでもCPIに占めるウエート・バランスの見直しの時期にあたるそうで
食料品価格の高騰分が除外されるとかされないとか・・・?!
ということで「5%」を超えるのか超えないのかに関心があつまりそうですね。

そうそう、先週、10月末に任期切れとなるトリシェECB総裁の後任候補から
外れたとか外れないとかで話題となった独連邦銀行のウェーバー総裁ですが、
総裁職の任期(12年4月)満了を待たず、11年4月末で辞任するんだそうです。
どうやらウェーバー総裁がメルケル首相に相談する前に次期ECB総裁のポストを
狙う気持ちは無いと発表したことにメルケル首相怒った?!為、ウェーバー総裁を解任
しただなんて報道もあるんですけど、そんなことってあるの?
それが本当だとしたら、メルケルさんもメルケルさんだよなぁと思うんですけど。

こんなグダグダもユーロ売りに繋がってたりして。

ドル円強いですね、今回はどこまで円安を試せるのかしら。。。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社