2011年2月17日木曜日

あれ?新規失業保険申請件数、増えてるじゃない。

先週2/12までの週の新規失業保険申請件数
予想40万件 ☞ 結果 41万件 
ちなみにこれまでの推移はココ。
前回の発表があまりに良くて、?な感じがありましたが、
今回の数字は、やっぱりね、って感想をもたれた方も多いのでは?

http://www.bk.mufg.jp/report/ecosty2011/20110210diary.pdf

これでドル売りが進行。ドル円は83.50をスコンと割り込みました。
結局84円台乗せに失敗したってことかな?まだ分かりませんが・・・。
なんちゃって200SMA(本当は167SMA)にピッタリ頭を抑えられて下げて来ているので
一旦売ってみても面白いところだとは思っていたのですが、
結局売れてません。口だけ大将状態。ちょっと自信がなかったので。

というのも、今日のブルームバーグの記事に

「バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニア為替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「円下落の理由は、円キャリー取引の兆候が表れたことだ」と述べ、「日本のゼロ金利を材料に、日本だけでなく海外の投資家も、円で資金を借り、日本国外の高利回り資産に投資している。どこからともなく、この日はキャリー取引が浮上した」と続けた。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=anYdzlShBHaE

なんて書いてあるのをみて、
うーん、そういえばオージー円とかポンド円なぞはレンジを上に
ブレイクしているし、あのユーロ円だって、もうちょっとで直近高値を
抜けそうな勢いだし、これって「リスクテイク相場」の
円キャリー復活の兆候なのかも?なんて思ったりもしてしまって、
ひょっとすると、84~85円台を抜けるような円安トレンドを
形成するんじゃなかろうか、と不安になってしまったんですよね。

で、クロス円はここから逆張りでショートするより、
順張りで押し目買いに転じたのかも、、、なんて思い始めたりなんかして。
今日のFOREXRADIOでだいまんさんはこうした見方を否定していましたが。。。

確かにここらか買いで追いかけるには高すぎです。
でも、反落してきた時に、、、押し目とみて買うか、やっぱり崩れたとみて売るか、
まだ判断がつかずにいます。
最近クロス円よりドルストレートばかり見ていたので
ちょっと感覚が鈍っているような気もします。。。

皆さん、どう思います?!円キャリー復活。。。

日本はまだまだデフレから脱却できる見込みは薄く、金利を上げられるわけがないのですが、
イギリスやアメリカやEUなぞはもう金利引き上げが議論され始まっています。
そりゃ、まだ欧米だって金利引き上げは時期尚早だと思いますよ。
でも、マーケットってのは、馬鹿馬鹿しいほどに先走りして、期待を織り込んでいくもの。
ということは、欧米の金利先高感をテーマに低金利継続の円を売って欧米通貨を
(そもそもオージーなんかはすでに高金利)買うというキャリーが始まったと見ても
不思議はないのよね。出来るわけないとか、そんなの間違っているという議論は不毛で、
期待で買われるならそのトレンドに乗らなきゃ損々ってことです。

まだ、確信ではないのですが、、、、。

あ、でも年内に円高で歴史的高値更新するってシナリオは捨てていません。
その前に飛び込み台が上がる局面にあると思っていますので、
それがこの円キャリーでのリスクオン相場でのミニバブル形成ってのが
あってからくる崩壊なのかもしれない、、、とモヤモヤ考えているトコ。

ポンドドルも昨日のインフレリポートにはガックシで、
結局ポンドドルショート切らずに持っておけばよかったじゃん!!
って結果になったのですが、すかさず買われて再上昇しているのをみると、
やはり利上げ期待がポンドを押し上げていると見るのが自然でしょう。

ポンドドルでポンド買い、、、これはちょっと固まりつつあります。
そして円キャリースタートしてるかも、、、ってことであれば、
ドル円も崩れないでしょうから、ポンド円も買いでOKってことになりますね。

でもこんな高値ついていけないよなー。

今日も様子見かな。
オヤスミなさい。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社