2011年2月23日水曜日

今日は夕方(18:30)BOE議事録が発表されたのですが、
これに向けて「利上げに投票したメンバーが前回より増えているかも」
という思惑からポンドが買われ出した模様で、
実際発表されてみたら、市場が予想した通りでした。
利上げ賛成のメンバーが「3人」に増えてました。
これでポンドが一段高・・・・。

ああ、ポンドドルショートは昨日利食うべきでしたね。。。
今日議事録が出ることをすっかり見落としていました。
というか、議事録発表でこんなに動意づくとも思っていなかった。
利上げに向けて議論がなされていることは解っていたのですから
よりこうしたイベント、材料には神経を尖らせておかなくちゃいけないってことね。

■2月BOE理事会議事録
利上げ賛成が3人に!!
センタンス委員☞ 0.50%の利上げ主張
デール理事、ウィール委員☞ 0.25%の利上げ主張

デール理事が利上げ派に回ったことと、
センタンス委員が利上げ幅を拡大して主張!

ちなみに資産買い入れ枠拡大をただひとり主張しているのは
ポーゼン委員。

ポンドドルはおかげで前回高値を上抜けそうな勢いですが
このまま抜けちゃうのかな。。。。
ポンドドルはまだいい。もっと騙されたーって感じになってるのがユーロドル。
昨日の下ヒゲの長い陰線は一体なんなのでしょう!!
昨日は突然NZ地震をトリガーにリスク回避ムードが高まったのですが、
ユーロもドカンと売られました。ところが一転利上げ期待が高まって・・・

昨日のブログに書いたこのコメント
「ルクセンブルク中銀総裁のメルシュさん、
「3月3日にECBは上向きインフレリスクを警戒する可能性がある」とコメント。
オランダ中銀総裁のウェリンクさんも「短期でのインフレ動向を懸念」とし、
利上げを検討する可能性を示唆、ですって。
ECBは3月3日に最新の景気見通しを公表する予定となっていますが、
利上げに言及するんじゃないかって、またユーロ利上げネタが蒸し返されました・・・・」

これが今日も材料となったということですね。
しかし昨日の長い下ヒゲ陰線、あれでユーロが崩れたと思った方も
多かったと思います。このリバーズ相場、もうついて行けない・・・・。

昨晩は無理やり上げてきた感の強いNYダウもいよいよ大きな下落となりましたし、
(178.46ドル安の12212.79ドル:リビア情勢悪化でリスク回避との解説)
地政学リスクの高まりからWTI原油も9%もの急上昇、金価格も1400ドル回復と
リスク回避相場の典型となった夜でしたが、どうも今日のダウ先なんかは
売られたところをすかさず買う向きもあって、まだバブルをやりたいって
エネルギーも残っている様子。そこを頭を叩いて売る向きもあるようですが、
売り買い拮抗しているみたいなので、まだトレンドとして
リスク回避相場でマーケット急落!!とは断定出来ない感じなのよね。

というわけでリスク回避継続なのか、リスクオン相場なのかも
まだ見極めがつきませんし、100Pips以上抜けるようなトレンドも
なさそうなので、ちょっとポジションを取らず様子見に徹した方がいいかも。

※メモ
NZで22日に発生した地震の影響により、
市場では次回3月10日のNZ準備銀行(RBNZ)オフィシャル・キャッシュレートでの
利下げの可能性を織り込みつつあるようです。

クレディ・スイスが算出する金利スワップを基に算出した指数では
RBNZが次回政策金利を0.25%引き下げる確率は一時56%にも。
(地震発生前は4%前後)

となればキウイは下値を引きつけてからの買いで。
急いて買うべからず。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社