2011年4月7日木曜日

ECB理事会では予想通りの0.25%利上げが発表されました。
ECBの利上げは2008年7月以来。2年半ぶりの政策転換です。

事実売りでユーロが下落すると見ていた向きが多かったようですが、
うーん、微妙な展開です。トリシェ総裁の声明が強いんだか弱いんだか・・・。
「今回の行動が続くとは限らない」と聞けばもっと売られてもよさそうなんですが、
「決定は全会一致」であること、
「インフレ率の上昇が二次的影響をもたらさないことが非常に重要」なんて
発言が下落にブレーキをかけているということなのでしょうか・・・?

あるいは、あまりにも事実売りシナリオが蔓延していたため、
実際にはそうならないという相場の真理を見ているということか。

まぁ、まだわかりません。
雪崩のような下落を期待してみていた向きには地味な展開ですが、
それでも圧力は下方向に見えます。やはり時間をかけてじり安の
展開となるかもしれませんしね。
サプライズで0.5%利上げしてユーロ暴騰というシナリオよりは
現実的な動きです。ドラスティックでわかりやすくて取りやすい相場など
なかなかないということですね。
そして、それは予期せず訪れるもの。
それも、今回の震災後の激しい動きで思い知らされました。

ではここからどうしましょう?!
やはりココの押し目をかってユーロを買うというよりは売りたい気持ちの
方が大きいでのですが、まだピンと来ない動きですので、様子見かなぁ。
ドル円も85円台で高止まりのまま踏ん張ってます。
今日のECBの決断が、後の商品価格にどの程度波及してくるのか、
これまでのトレンドを転換させるキッカケとなるのか、
見極めにはまだ少し時間がかかりそうです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社