2011年5月19日木曜日

今日のYMTVは荻野金男さん。
セミナータイトルは「震災・原発後の相場の視点」ですが、
大事なのはなんと言ったってFRBのの金融政策が一番、って話からスタート。
荻野さん曰くタカ派のメンバーのコメントなんて気にしない気にしない。
タカ派コメントにもしマーケットが反応したらそこは売り叩けっ。
な、なるほど~勉強になります。

何より肝要なのはハト派のスタンスで…
詳しくはオンデマンド放送を。(会員限定コンテンツ)

今日の荻野さんの話でも話題になったのが米国債相場。PIMCOのビルグロースは
30年続いた米債の時代は終わったと言って米債を売り払ったといわれていますが、
ところがどっこい債券市場には資金流入中。
目先ダウが軟調なことから資金が債券市場に向かっているものと思われますが、
これで債券王PIMCOは大損害となっているとかいないとか。

債券が買われるというのはリスク回避的思考に市場が傾いているという
ことですが、日本のGW中にシルバーの証拠金引き上げ、続いて原油も引き上げ、
米の指標の悪化、ギリシャのデフォルト懸念などネガティブ材料が相次ぎ、
これまでの上昇の調整が「一旦」入ったものと思われます。

ドラスティックな崩落が近いとは思いますが、「一旦」と書いたのは
そう簡単に天井ウチはしないと思うからで、
ダウなどは今夜反発しておりますし、シルバー、金も反騰中。
少しトリッキーな相場になるんじゃないかしら?
再びリスク志向の相場に回帰してからの崩落・・・

ドルの大転換もそう簡単ではないというのと同じです。
ダウももう少し「のた打ち回る」
切り返しがある程度入りそうな予感。

昨日、再度ロングしたユーロドルは見事思惑がヒット。
今日は順調にユーロが切り返してくれました!!
午後からはちょっとダレてきて半値くらいは押しましたが・・・。
もう少し買われるでしょう、今回はドンと構えてロングキープ!

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社