2011年5月21日土曜日

ユーロドルロング、撤退しました。
やっぱり金曜の夜って荒れますね。
夜の前から崩れていたけど・・・・。
1.4133ドルLを1.4216ドルで手仕舞い。
一時1.430ドル台に乗せたことを考えると
かなり利益が無くなってしまいました・・・。
1.430ドル台に乗せたのを見たときは余裕かましちゃってたわ。
今の相場、トレンドレスですね。
短期ディールに徹したほうがいいのか・・。

1.43ドルの高値から崩れたのは1.435ドルあたりにオプションバリアの噂がありましたが…
それが実際あったかどうかはわかりませんが、近くで利食いが入ったものと思います。
その後ユーロの追随売りがあったのは夜になってユーロネガティブ材料が
矢継ぎ早に出されたからなんですが、それがもうホントてんこ盛り。

・まず欧州の5月の消費者信頼感速報値▲9.7 
~これ、なんと14分のフライング発表よ。
 そんなことってあるの?

・ノルウェー外務省
『ノルウェー、ギリシャに対する4200万ドルの助成金の支払いを停止へ』
~ノルウェーがギリシャ助けるの放棄しちゃいました・・・。

・格付け機関 フィッチ
ギリシャの長期債の格付けをBB+からB+に格下げ
そのうえで、債務返済期限延長はデフォルトとみなされるとも述べた。
~まあ、今更驚きませんけれど、今言わなくても・・・。

・バイトマン独連銀総裁
「ギリシャ国債、償還期限延長されればECB担保として受け入れ不可能に」
~これがかなりのインパクトとなってみたい。
 でも昨日トリシェさんも似たようなこと言ってたわよね。

・再び フィッチ
『潤沢でかつ信頼の置けるEU/IMF支援プログラムがない場合、
ギリシャの格付けは「CCC」級の可能性も』。
~CCC?ツタヤか?

・ラガルド仏財務相『ギリシャにはデフォルトの危険性ある』
~ああ・・・・。

ってな訳でギリシャは近々デフォルトしそうです(笑)

おかげでリスク回避の嵐の金曜となりました。
ダウ急落、ユーロ、ポンドなど欧州通貨急落、コモディティ急落
(コーンだけは我が道を行く、作付け遅れで上昇)

金も最初は売られていたんです。
ところが、ユーロネガティブ材料が次から次へと出てくると
金が突然火を吹き急上昇。
1480ドル台から1510ドル台に駆け上がりました。
これ、リスク回避で金に資金流入の構図よね。

やっぱり、金はこの先も高いです。
仮にギリシャがデフォルトしようものなら金暴騰しますね。

ということで、ドル高への大転換の前に一旦ユーロが上昇するという
思惑が外れそうな予感がしてきましたが、
金曜の夜って突発的な動きをするので要注意。
飲んで帰ってくるとPCモニターみて目が飛び出ます。
実は今夜もそうでした・・・・。
慌ててユーロ飛び降りてモニターにかじりついてますが、
美容に悪いのでもう寝なくちゃ~

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社