2011年6月16日木曜日

良かった、ユーロ下げてくれた(笑)

昨日116.18円で売ったユーロ円。
直後から上昇を始め(いつものこと)
116.70円くらいまで高値がありました。
50pips超えたのでこれは損切りかなーと思って見ていたのですが
大局ではユーロが下がると思っていたので117円までは耐えようとポジ継続。

これが今日の欧州時間あたりからプラスに転じました。
材料がよく分からない。どうやら昨日でた「ギリシャ国債の返済期限延長で、
ユーロ圏諸国は最高200億ユーロの追加負担の必要がある」とのニュースが
蒸し返されたと解説がありましたが、蒸し返された、なんて報道がある時は
蒸し返されたんじゃなくてきっと短期筋の売買で動いただけです。
投機筋のユーロロングが手仕舞われたってだけなんじゃないかな。
なんて思ってます。

ギリシャを巡る報道に振り回されやすいのですが、
産油国のドル収入がユーロにシフトされているとか、
中国の外貨準備のドルがユーロにシフトされているとか、
基本的にはユーロの買い手はビッグネームで、トレンドはユーロブル。
これがいつまで続くのだろう・・・とは思うのですが、
ドルのマネーサプライが尋常じゃないのでやっぱり基本はドルベア。
でも短期筋がこれを撹乱する動きに出てくるので
ユーロ絡みは近視眼的に見ると日替わりでセンチメントが変わって
解りにくいのよね・・・・。
私は単純にリスク回避の流れでクロス円売りとみてユーロ円に
手を出したわけですが、ネタが豊富な欧州問題に神経質に動きすぎよ。
というわけで、昨日苦しんだのもあってユーロSは一旦仕切ることに。
まだ下がると思っていたのだけれど、やっぱり怖いんだものーー

豪ドル円Sも苦しい~
もうリスク回避相場は終了したのかしら?
それともドル円が戻り歩調だからかしら?
今日も豪ドル円はドンドコ戻りがはいってとうとう86.30円まで!!
ちなみに私のコストは86.79円・・・・

Twitterで下手だな。と突っ込まれたりして苦労していますホント。

今日の上昇はスティーブンスさんのせいよ。(人のせいにすんなって(笑))
RBA総裁スティーブンス氏の講演内容が伝わり豪ドル買いが加速しました。

・一段の金融引き締めが、ある時点で必要になる可能性
・7月のCPI統計は政策決定にとって重要
・インフレ率は上ブレの可能性が高い

あら、今月7日には政策金利を据え置き、今後数カ月は利上げがないだろう、
ってのが市場のコンセンサスだったのに。
6月の消費者信頼感指数は2年ぶり低水準、目先豪ドルは買われすぎでもあったので
ここからは売りで行けると信じていたのに。

なにこのタカ派発言・・・・。

7月のCPIが重要とはご丁寧に。。。7月27日ですね。予定は。
このCPIを受けて8月利上げの可能性があるということでしょうか。
ホントに~~?!8月2日ってことね。予定では。

これで豪ドル下げにくくなっちゃったわね。
どうしましょう。一旦手仕舞おうかしら。
ちょっと揺らぎ始めています。

もともとは豪ドル天井つけたくらいに思っていたのですけれどね(笑)
手じまったらTwitterで報告します・・・
http://twitter.com/#!/hirokoFR

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社