2011年7月13日水曜日

ドル円80円割れ。

一時79.17円に値を沈めました。
震災後2回80円割れの局面がありましたが、滞空時間は短く
80円下は買いでうまくいっていたのですが、今回は様相が異なるようで
未だに80円台を回復できずにいます。

①5月5日 79.50割れ
②6月6日から5営業日連続で80円割れ 79.60円くらい

このまま日足レベルで80円大台を回復できずにうろうろし続けるようだと
更に円高が進行しそうなムードもありますが、ただし、たくり線となっていますので
やはり酒田五法に従うなら逆張りでロングが正解のような気もします。
ここは一度買ってみて、80円超えるようなら投げるというトレードもありかな?!

このドル円の崩落、何があった、、、ってわけじゃない時間帯じゃなかったと思いますが、
欧州勢の参入が本格化する時間よりちょっと前から、ユーロドルがドンドコ下げ始め
ユーロ円主導でクロス円が全面的に下落となったことが、ドル円に波及した印象です。

今日は欧州周縁国のギリシャ、ポルトガル、アイルランド、スペインソブリン5年物CDSが
それぞれ過去最高水準を記録し、ユーロ売りが止まらず、今日は1.39台をも割り込みました。
これが更なるユーロへの不信となり ユーロ主導でリスク回避となったものと
思いますので、やはりユーロ周縁国からは目が離せません。ポルトガルをすっとばして
イタリアに懸念が波及しているんですものね。
イタリア10年債は利回りは6%超えにまで上昇、これは1997年以来のハイレベル!

こんな相場なのですが、どうも個人はこの相場でユーロを全力で買っていた?ようです。
http://www.nikkei.com/markets/kawase/kawase-focus.aspx?g=DGXNMSGC11008_11072011000000
皆さん生き残っているかしら・・・・

まだまだここからだと思っています。
ユーロドル、200日移動平均線に支えられる格好で
一旦は下げどまっていますが、戻りが入れば再度売られるでしょう。

でも、どこまで戻るか?です。
一旦買ってもいいくらいの戻りとなるか、
此のまま再下落となるか、見極めが出来ません・・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社