2011年8月9日火曜日

意外と為替市場は落ち着いたものでした。(という印象)
株式市場ではやはりといいますか、想定された通りの下落。
日経平均は202円安の9097円。

ドル円相場は雇用統計の好結果で78円後半まで高値があったことを
考えれば現在の77円半ばというのは勿論円高に違いないのですが、
株式市場の悲観に比べれば意外と確りした値動きに見えました。

これはやはりG7緊急声明が一応は効いたってことなのでしょうか。
「金融安定化と成長を支えるために必要なあらゆる手段を講じる」
五十嵐財務副大臣は「立場によっては協調介入とも読み取れる内容」
であるとの認識を示したということで、過度な円高局面では介入もあるかも。。。
なんて警戒があったのかもしれません。
しかし東京時間はギャップダウンして始まりジリジリ円高が進んだものの、
介入はありませんでした。

すぐ行動に出たのは欧州。
「ECBがイタリア国債スペイン国債を買っているようだ、という観測から
欧州時間に入ってすぐ、ユーロが急上昇、序盤の欧州株は上昇となりました。
しかしこのユーロ高も一瞬に終わり…・現在は再びユーロが売られています。

スイスが鉄板ですね。。。金が今日1700ドル台に乗せ、とどまるところを知らぬ
強さを見せていますが、金とスイスは同じように史上最高値を更新し続けています。
スイスは先日緩和策を発表してんだけどねぇ・・・・
そして日本も介入したんだけどねぇ・・・・

G7声明も多少の抑止力はあったと思いますが、具体策が示されず、
結局リスク回避の動きに歯止めをかけることは出来なかったようです。

今日は、介入怖いという理由からキウイドルを売ってみたものの
思うように下がらず30pips程度の損切りで撤退。
その後、夕方のユーロ急上昇局面でユーロスイスを買ってその損失分をちゃらにしました。
珍しくスキャルピングに成功しましたねぇ・・・。

まだまだリスク回避相場は始まったばかりだと思っていますので
これから70円を目指すような円高となると見ていますが、
介入が怖いのでどうしてもドル円、クロス円に手がでません。。。

今安心して見ていられるのはダウ平均のショートポジションくらい。
金も高すぎて手が出ないし、スイスもここから買える・・・?!
かといって逆張りで入るとやられちゃいます。
今は株価インデックス系がいいのかも。

ただし、9日のFOMCは注意。QE3に触れるようなことがあれば、
一時的に相場はリスクオンに回帰します。
ま、その高値をまた売りたいんですけどね。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社