2011年8月10日水曜日

出てきたのは長期低金利政策継続の確約。
昨日9日のFOMCで「少なくとも2013年半ばまで政策金利を過去最低で維持する」
方針が出されました。・・・これ、もう事前に予想されていた内容ですよね。

今後2年間は政策金利を引き上げないと約束し、時間軸を明確にすることで
緩和効果の強化を狙ったものですが、今やってることから何か
新たな緩和策が出されたってわけじゃない。現状維持!!
皆が想定するより長くやるよ。ってだけ。
景気認識を大幅に下方修正したわりには小粒な政策ですよね、
というかこれ以上のことはできないか・・・少なくとも現時点では。
手詰まり感は否めないという感想を持たれた方が多いでしょう。

それでもこの声明がでると金利が低下。☞ 債券高。ドル安となりました。
問題はその瞬間株が売られたこと・・・・。その後は大きく買い戻されたのですが、
どうも神経質な値動きです。低金利政策継続は個人消費や住宅市場が刺激され、
景気が再加速するという想定のもとの政策なのでしょうけれど、
素直にそういう反応をしなかったというのは、この先の株式市場を暗示しているかのようです。
引けにかけては大きく買われましたが、すでに暴落していた株価の自律反発だっただけじゃ・・・

これで株価が下げ止まらなけれないよいよ市場はQE3を催促するんでしょう。
しかし、今回の声明発表も3人の反対票があったとかで
(これは1992年以来もっとも多いんですって)
QE3実施のハードルは高いですねぇ。。。

FOMCを警戒して昨晩は何もポジションを作らずにおりましたが、
そろそろまた元の流れ・・・リスク回避の流れに戻るでしょう。
どこかでドル買いをしたいと思っていますが、今日もなかなかタイミングつかめず。

ちょっと面白い記事を発見。
野村証券の池田雄之輔チーフ為替ストラテジストの試算。
日米の2年物金利差が0.1%縮小すると円高・ドル安が2円50銭進む相関関係がある。
8日から9日にかけて金利差は一気に0.07%程度も縮まった。
8日のニューヨーク市場の終値(77円70銭)を起点に試算を当てはめると、
円は75円台に上昇していてもおかしくない。

円高構造はそう簡単に解消されそうにないですね。
ストレート通貨ではドル買いでもドル円では円買いだわ。
しかし、先週介入が入った水準にまで落ちてきて、介入が怖くて
円ロングできません・・・。

介入はもうやれそうにない感じはなんだけど、
先週4日は思いもよらぬ格好でやられたので、
現政権、現当局は何を考えているか分からないです。。

明日は朝イチで仕事。
ちょっと気忙しくてポジションをとれそうにないわ。
オヤスミ~

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


それから、9月23日(祝)コモディティフェスティバル
皆さんお申し込みは済んでいますか?!

コモディティの専門家、アナリスト、トレーダー、メディア関係者らが
一同に会するコモディティフェスティバルが東京八重洲ホテルで開催されます。
個人投資家120名様限定で参加募集中!!

マーケットトレンドの番組でおなじみのコメンテーターの皆様も大集合。
プレゼントがあたる大抽選会も企画しています。

池水雄一さん、豊島逸夫さん、亀井幸一郎さんの「ゴールドトークセッション」
柴田明夫さん、茅野信行さん、林康史さんの「米トークセッション」も!!
なんと贅沢な企画でしょう・・・。ご期待ください。
当日は私、大橋ひろこが司会をつとめます。

お申し込みはコチラから
コモディティフェスティバルHP

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社