2011年9月29日木曜日

9月末、上半期末が明後日に迫っていますが介入はないですね・・・。
主要な輸出企業の2011年度通期の想定為替レートは80円前後。
今年はこの想定を上回る円高で70円台が恒常化しています。
まだ上期分の円を手当てできていない輸出企業がたくさんあるともされており、
介入への期待や思惑は高まっているようですが、あと2日・・・もうないのかな?

今日はノーポジション。
先週の急落から月、火は戻り局面に乗るというトレードは
比較的わかりやすかったのですが、ここから更に戻るのか、
再度下落に転じるかというのは判断わかれるところ。
私にもわかりません。結果的に昨日のNY時間に伸びた所で
手仕舞ったのは良かったようですが、ドテン売りに転じるのはリスキーですね。

あ、Twitterでは報告したんですが、
結局昨日ブログをUPした後すぐにユーロドル、ポンドドル、オージー円の買いは
全てスクエアにしました。トータルで200pips位の利益となりましたので
先々週の負けは倍返しで取り返したわ!

しかしながらその後のシナリオが描けずにおります。

ギリシャのパパンドレウ首相とメルケル首相との会談で
ドイツもギリシャ救済に積極的に動く姿勢を示し、
ギリシャは財政改善に向け決めた方針の実行を約束。
EFSFの具体的な拡充案に対する期待感などもあって欧州株価が
大きく戻っているようですが、さて、これで底入れしたような相場だなんて
誰も思っちゃいませんね。どこで売り直すか、、、という相場だと思います。
しかし、それが今日なのか、来週になるのかは分からない・・・。

ギリシャ債務危機関連の資料として
年内重要日程と償還予定日程表がブルームバーグに出ていたので
メモとして引用、転載しておきます。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aFXg.80U8h4s

10月03、04日   ユーロ圏財務相会合と欧州連合(EU)財務相会合(ルクセンブルク)
10月3日     ギリシャが2012年予算案を提出。月内に議会採決。
10月6日     欧州中央銀行(ECB)政策委員会(ベルリン)
10月半ば     2010年合意のギリシャ救済の6回目融資実行予定
10月14日     短期国債20億ユーロ償還期限
10月14、15日   20カ国・地域(G20)財務相会合(パリ)
10月17、18日   EU首脳会議(ブリュッセル)
10月21日     短期国債20億ユーロ償還期限

11月1日     ドラギ氏がトリシェ氏に代わり新ECB総裁に就任
11月3日     ECB政策委員会(フランクフルト)
11月03、04日   G20首脳会議(カンヌ)
11月07、08日   ユーロ圏財務相会合とEU財務相会合(ブリュッセル)
11月11日     短期国債20億ユーロ償還期限
11月18日     短期国債16億ユーロ償還期限
11月29、30日   ユーロ圏財務相会合とEU財務相会合(ブリュッセル)

12月8日     ECB政策委員会(フランクフルト)
12月9日     EU首脳会議(ブリュッセル)
12月16日     短期国債20億ユーロ償還期限
12月19日     国債11億7000万ユーロ償還期限
12月22日     国債9億8000万ユーロ償還期限
12月23日     短期国債20億ユーロ償還期限
12月29日     国債52億3000万ユーロ償還期限
12月30日     国債7億1000万ユーロ償還期限
12月末      救済融資7回目分実行予定

今日は落語の会。
新宿で古今亭菊志んさんと桂かい枝さんの「おふたりさま」
打ち上げもあって楽しかったですー。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社