2011年9月5日月曜日

今日は米国のレーバーデー。
米国休場であまり大きな動きはありません。
このレイバーデーを境に関係者が夏休みから市場に戻ってくると言われています。
ということで、動意づいてくるのは明日からでしょうか。

ドル円はどっちに行きたいのか全く意思が見えない1日。
先週の雇用統計結果を受けて動くならば円高継続でも不思議はなかったのですが、
76.50~77円のレンジを行ったり来たり。オヤスミモードなのかしらねぇ。

ところがストレート通貨の動向をみますと、ギャップダウンして窓を埋めることなくジリジリ下落。
ユーロドル、オージードル、キウイドルなどで全てドル高進行です。
この環境でのドル高はリスク回避。ドル売り(ドルキャリー)の巻き返しだと思っています。
それが証拠に8月史上最高値をつけた後暴落した金も再度買われて1900ドルを目指す動き。
スイス高も進行していますね。
それなのに円高になっていないってのは摩訶不思議・・・・。

なーんて書いていたら、動き出したわよ。5日月曜23時前。
ユーロが一段安に勢い、ストレート通貨でドル高スコーンと来ました。
ドル円はナゼか円安に勢いが・・・。

米国休場のなか何がきっかけで動いたのでしょう?
米国ネタ発の動きではなさそう。先週末の雇用統計の夜にある程度織り込んだはず。
ということは欧州不安?

欧州のネタはいくらでもある。
7/21の第2次ギリシャ支援が決まり、ECBが
スペイン、イタリアの国債を買い入れる措置を開始して、
欧州危機は一旦落ち着いたかに見えますが、
実はこの欧州問題がここからのマーケットの波乱要因となるやもしれません。

先般、ギリシャ支援に対してフィンランドが現金担保を
求めているというニュースがありました。

ユーロ圏17国首脳で決められた第2次ギリシャ支援ですが、
なんとフィンランドがギリシャに対して担保を取るという話は
2国間合意であった、というのです。他国はそれを知らなかったと。
これを知ったオランダやオーストリアなどが
それならウチも担保を取るなどと言い出して揉めているのだとか。
(4月にフィンランドで行われた選挙で反EU党が第2党になり
与党との連立政権に。ギリシャへの無担保融資は国民の合意が
得られないということでフィンランドだけが特別に担保をとることを
条件に合意したということのようです)
ギリシャへの支援がきちんと行われるでしょうか?!
再度デフォルトという懸念が増すこととなります。

フィンランドのカタイネン首相は3日、
ギリシャ向け追加支援に関連して融資保証の見返りに
担保を要求するとの姿勢に変化はないとの見解を明らかにしています。

またECBによるイタリア、スペインの国債買い入れも
ドイツ連銀が反対しているというのです。
この買い入れが行われなかったらマーケットは大混乱だったと
思われますが、継続できないということになれば・・・・。

一枚岩ではないECB内部。
8月はアメリカの問題が多く、
欧州問題があまりニュースになりませんでしたが、
こうしたゴタゴタが市場のテーマとなってくると
欧州発のリスクオフ相場が始まるかもしれません。

(上記文章は金曜のマーケットトレンドから一部引用)
貴金属アナリスト亀井幸一郎さんのマクロ分析は大変参考になります。
たまにはマーケットトレンドブログも御覧くださいね。
2日金曜のオンデマンドも是非聞いてみてください。
マーケットトレンド

それから
格付け会社S&Pが、今論じられているユーロ圏共同債について、
合同で保証されるものであれば、その格付けは「最も弱い」国の格付けを反映するだろう
との見解を明らかにしました。厳しいですねぇ。

というわけで、今夜のユーロ一段安は欧州不安が再燃しているものと推測。
これというネタがないんですよ、この動き・・・。

実は雇用統計直後オージードルを1.0717ドルでショートしていたのですが、
今日の東京時間の日中のグズグズした動きに痺れを切らして買い戻し。
夜ブログを書いているウチに再度動き出したのでもう一度売ってみました。
コストは1.0545ドル。じっと持ち続ければよかった・・・(笑)
しかし、今夜はうまく行きそうです。リスク開始の動きがジワジワ拡大中。
利食い千人力がこのところのルールとなっているので一度撤退しましたが、
この動きはまだまだ始まったばかりと見ています。
オージードルはパリティ目指す!と思っていたりします。
そこまでじっと持ち続けられるかはわかりませんが。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社