2011年9月15日木曜日

昨日の独仏ギリシャ三者会談。
拍子抜けするものでした…。

フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は、
ギリシャが今後ともユーロ圏にとどまり、
同国の予算削減が市場の安定を回復させると「確信」しているとの声明を発表した。


ところがユーロは上昇。
解説は「ショートカバー」が大勢ですが、それにしても
もっと失望が広がるかと思わせる内容でした。
本番はガイトナーがポルトガルに入るという今週末か。
IMFが動けばインパクト大でしょう。
このあたりのことは今日のFOREXRADIOでかなり
だいまんさんと大塚さんと意見戦わせてます(^^ゞ

他にも格付け機関フィッチが
『スペインの地方銀行5行を格下げ』『見通しは「ネガティブ」』との声明、
独外相が『ドイツ政府はギリシャがデフォルトした場合のあらゆる
シナリオを検討』コメント、イタリア国債格下げの噂など、
いろいろとネガティヴ材料飛び交っていましたが、
それにもかかわらずユーロは1.38台まで堅調に上昇してます。
よほどユーロはショートに傾いていたんだな・・・


すでに市場はギリシャのデフォルトを織込みつつあると思うのですが、
しかし、その後の影響などまでには考えが及ばないといったところ。
ちょうどリーマン・ショックがあったのが3年前の今日。
その連想からこの週末には警戒が広がるようにも思いますが、
これまで作っていたポジションを手仕舞う動きが出ている、
ということなのかもしれません。それでユーロのショートカバーが・・・?
昨日の夜中に1.3750のユーロ売り指値を作っていたんですけど
見事にこれがヒットしてました。今もこのポジション保有中。
現在50pipsほどアゲインストですが、、、、うーん。もっと戻るかしら?
この週末、そして来週のFOMCにかけては
思わぬ動きも出てきそう。
UBSが20億ドルものトレーディング損失を出した、なんて
ニュースも飛び出しています。マーケットはそれほど動いてませんが、
こんなのがあちこちにありそうな予感・・・。

ユーロドルはこのままSで粘ってみます。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社