2011年10月6日木曜日

ユーロドルがちょっと戻り局面にあるように見えましたが、
やはり週明けの寄り付き値を超えられないようです。

つまり、週明け月曜の寄り付きの「ギャップ」を埋められないでいるということ。
このギャップを埋めるようならば、もう少し戻りがあろうところですが、
月曜日の始まり値を上回ることが出来ないうちは、やはり戻り売りスタンスで
いいということになりますね。今日は際どいところまで上昇していたのですが、
結局週足でのギャップを埋めることがかなわず失速しています。

昨晩ユーロドルをロングしてみたりしていたのですが、
18pipsの利益くらいですぐに手仕舞って、ドテンショートなんて格好つけて
波乗りしようと思っていたのですが、起きてみたらそのショートポジションは
自分の設定した浅めのロスカットに引っかかり消えてなくなっていました。
今はトレンドレスの気迷い相場に入っちゃっているようですね。

こういう相場でこれぞというサインがあればいいのに・・・
と皆さんはあれこれレポートやセミナーを見るのでしょうけれど、
私もまだ確信の持てるシグナルには出会っていません。
あくまで自分がいろいろと見た材料を基に構築したシナリオで
相性のいいTechnicalSignを使ってポジショニングしているに過ぎません。

しかし、長くマーケットと格闘しているといい出会いがあるものです。
今日は目からウロコのTechnicalの活用法を教えて頂きました。
ちょっと私のポジションメイクの在り方も変わるかもしれません。
「シナリオ」があってもタイミングが分からなかったコレまでのトレードから
もう少し洗練されたポジションをご報告出来るかもーーー。

そのためにはもっともっと勉強しなくてはいけないのですけれど、
これまで相当勉強代を払いそれなりに代償も払ったきましたので
そろそろ本当に抜きん出たトレードをしてみたいですもの。
もう少し勉強してみます。

しかしながら大局のストーリーは変わりません。
スケールの大きいリスク回避相場がスタートしたばかりという見方のもとに
どこで売りなおすのか、というのがポイントですが、
売り場到来というタイミングが待てないので、その前にちょっとロングしてみたりして
チョコチョコやられたりもしています。
まあ、損切りは早めに。
ということをここ数年で嫌というほど学びましたので、
たとえ損切り貧乏と言われようとも、
20~30pips逆に行ったらすぐ止めることを覚えました。

自分のイメージと違う動きとなった時点でもうそのポジションに
こだわる理由はありません。
20~30pipsやられても、とれる時に100pips以上取れればいいんです。
というつもりで・・・。2~3回負け続けると100pipsくらい負けちゃうこともあるんだけど、
それでも損切りできずに1トレードで100pipsの損失を抱えるよりマシですものね。

今はノーポジションです。

明日はECB理事会。トリシェ総裁の最後のECB理事会です。
最後ということで「花道」をいかに飾るかに注目!!
もう利上げを継続できる地合いにないことは明白ですが、
では利下げができるのでしょうか?!
トリシェ総裁にとっての花道とはどんなシナリオなのでしょう・・・。
今週は雇用統計よりもECB理事会に注目です。

いい出会いがいいトレードに活かせるようにがんばりますね。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社