2011年11月25日金曜日

今晩のNYは、サンクギビングデーで休場。

明日25日金曜日も
株式市場は現地時間午後1時までの短縮取引。
債券市場は同午後2時までとなり、
NYMEXのフロア取引も短縮されます。

サンクスギビングが終了するとロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式が
行われ、クリスマス商戦も本格化と・・・今年はどうでしょうねぇ。

さて、アメリカがお休みなのでアメリカネタでは動かないこの週末、
やはり最大の材料は欧州ですが、もう何を聞いても驚かないぞ!!

マイルズBOE(英中銀)政策委員
「ユーロ圏は現在の形では生き残れない恐れある」
「ある国がユーロ圏を離脱するかもしれない」
などと発言したということですが、こんな発言はこのところ彼方此方から聞こえてきます。

「画期的合意なければユーロは救えない」クレディ・スイス

あ、それとWSJに凄い記事が。
ユーロ圏崩壊に備える外為決済機関
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Foreign-Currency-Markets/node_349404
有料記事なので詳細は控えますが
外国為替取引の主要国際決済機関がユーロ圏崩壊に備えているという内容。

またユーロ離脱の可能性はギリシャだけでなくドイツにもあるという話。
ユーロを離脱すべきはギリシャでなくドイツ(ロンドン在住の松崎美子さんによるレポート)
http://monetoku.com/london/2011/11/post-53.html
今年6月にドイツがギリシャへの追加支援に関して
「民間債権者の関与が必要」と発言した瞬間から
あちらではこうした見方(ドイツが諸悪の根源)が強まっているのだそうです。
日本からみれば離脱すべきはギリシャなのですが、、、温度差があるんですね。
『統合後には域内での富の移動を自由にし、
高所得国が貧困国を援助する用意がある』という前提でスタートした通貨統合、
今更ルール変更するのは卑怯だということのようです。
詳細はリンク先のレポートをご覧下さい。

また松崎さんは残されたシナリオとして
(1)ユーロ崩壊
(2)優等国ユーロと劣等国ユーロの2つのユーロ
(3)ECBが最後の貸し手(Lender of last resort)となる
の3点をあげられています。

先日のTV東京の番組でもユーロ崩壊論者である浜矩子さんが
(2)のユーロ分割をあげて、生き残るなら
このシナリオしかないと解説されていました。
そうなる、ということではなくて、それしかない、という指摘ではありますが。

というわけで戻り売りで攻めたいところですが、
なかなか売り場をうまく見つけられずにおります。。。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社