2011年12月16日金曜日

ユーロドルは1.300台を回復、昨日の安値は1.2945でした。
まだここで大底なワケがないので修正高だと思うのですが
さて一体どこまで戻すのか。
チャートのポイントをいろいろ探ってみてみ昨晩の安値1.2945で
一旦止まるという根拠がどこにも見いだせないので(わかる方いらっしゃいます?)
どこまで戻るのか、という予測も立てにくい。

昨日は1.2963ドルという本当にほぼ底値圏でショート玉を仕切ったのですが、
それも1.2900ドル前後のオプションバリアが巨大だという話があったから
その前に利食っちゃえ、と思っただけでたまたま・・・。

こういう時によくやりがちなのが、戻りを十分にまたずに売りで再参入してしまい
踏まれるという失敗。ちょっと利食いで調子に乗っている時って
なんとなく余裕があって軽くポジション建てたりしちゃうから
気を付けないといけないんですよね。
自身のアノマリーでも100pips以上大きく取った後の次のディールに
気をつけろ!!というのがあって、連勝できる確率がどうしても低い。
要するに調子に乗るべからず。これ、トレードだけじゃなくて
どんなことにも通じるんですけどね。
1回1回の仕事、トレード、全て初心で全力で。

というわけで次の一手も基本はユーロドルS狙いですが、
戻りと地合いを見て高値を引きつけてから。
あるいはやはりクロス円のSも面白いんじゃないか、と興味が
出てきたところですが、それも今夜は攻め時ではないみたい。

ショックだったのは昨日のユーロドル1.3000台の大台割れよりも
NYドル建ての金価格の下落。ここ2年半くらいの綺麗な上昇Trendでは
200日移動平均線を決して下回ることがなかったのです。
ところが昨晩の下落で200日移動平均線を下抜けてしまいました。
9月26日の暴落時にも守りぬいたこのラインを。

ソブリンがダメ、通貨もダメ、安全資産は金のみ、ということで
逃避先として選ばれてきた金市場にも異変です。
おそらくリスクオフから換金売りにさらされているのでしょうけれど、
このことが次に示唆する事象がなんなのか、まだよくわからないでおります。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社