2012年4月24日火曜日

オージーは戻りを入れることなく再下落してしまいました(´・ω・`)

昨日発表されたPPIに続いて今日発表されたCPIがきっかけです。
 第一四半期CPI消費者物価指数が予想を大幅に下回る伸びとなり、
 10年強ぶりの低水準となりました。

これにより逆に利下げがしやすい状況と捉えられ 豪ドルが売られた、というわけ。
RBA政策委員会は来週開催されますが、来週5月の利下げ観測だけでなく、
6月の利下げまで織り込む動きとなっている模様です。
 なんでも債券利回りは60年ぶりの低水準をつけたとか。

 豪利下げ観測高まる、CPIが予想外の低水準 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83N02420120424?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

そんな折気になるニュースを発見。
オーストラリアは「巨大なバブル」であり、商品相場の軟化につれて
 豪ドルは今後下落する公算が大きいと独立系エコノミスト、謝国忠氏は指摘した。
というもの。

 オーストラリアは「巨大なバブル」、豪ドルは下落へ-謝氏 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M2YTG86JIJUU01.html#

これは・・・・大変なことになっているのだな。
 とTwitterでリンクを貼ってつぶやいたところ
YMTVにも出演されている陳満咲杜さんからこんなご指摘を頂きました。
 「彼はあれこれもう8年前から中国不動産バブルを言い続けており、
日本の○○氏のような存在だ。
因みに、8年前に比べ、 上海当たりの住宅、事実3倍程度の値上げ率を有する」

 なるほど、勉強になります。
 こういうニュースを見つけると、豪ドルが暴落してしまうのではないか、
 と不安に駆られるのですが、
だいたいその謝さんというのがどんな人かもわからずに
 ニュースヘッドラインだけで反応してしまうのは危険だということ。
 実際その後豪ドルは戻りを入れていますね。
 陳さんのご指摘はありがたい!!

実際こういうニュースで慌てて売ったり買ったりするということは
 随分昔にやめていますが、初心者の頃は右往左往していましたっけ…。
 私も無責任にニュース見つけるとメモがわりにつぶやいたりしますけれど、
 皆さん、それでポジションとったりしないでくださいね。

それとは別にしても私見では 豪ドルはこの先も弱いと思ってみていますが・・・。
 しかしながらこの方が知る人ぞ知る逆指標だったとするなら
それは念頭に置いておかねばなりませんね。

 今日は上海総合指数が昼前に急落する局面がありましたが、
 このニュースがきっかけのようです。↓

中国:投機的な短期資金の取り締まりを強化へ-SAFE
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M2YTYW6JIJUQ01.html

何やら火種はアメリカ、欧州だけではないムードも出てきていますが、
 それでも、中国が近々預金準備率を引き下げるのではないか、
 という噂もあり、なかなか大きくは下がらない地合いが続きます。
 やはりこの先の焦点はなんといっても FOMCと日銀ですね。
アップルの決算にも一部注目が集まっているようですので、
 ナスダック総合指数の動向にも注意を払った置きたいです~ 人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社