2012年4月9日月曜日

4/6イースターで東京以外が休場となった金曜日、
アメリカの3月度雇用統計が発表されました。

久しぶりのネガティブサプライズです。

NFP非農業部門雇用者数は当初予想のプラス20万人増がわずか12万人増に留まり、
FRBによるQE3への期待感が再び浮上するといった見方が出てきました。

ホント、マーケットって移り気よね。

先週金曜の日経新聞には
「金相場下げ基調 米緩和観測後退でマネー流出」なんて記事が
掲載されていたんだから。緩和観測後退ですってよ。先週金曜夜までは。

でも、金曜のラジオNIKKEIの番組では
金融貴金属アナリストの亀井幸一郎さんが
またすぐに追加緩和観測が出てきますよ、全てはセンチメントに過ぎないのだから。
と解説されていました。
「大統領選挙と金融・貴金属マーケット」

亀井さんのおっしゃる通りでした。
ドル下落、米雇用統計受け追加緩和観測高まる=NY市場
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE83505Y20120406
米FRB、4月FOMCでQE3示唆も=PIMCOグロース氏
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE82P00U20120326

すでに追加緩和観測が出てきているようですね。

でも本当にQE3なんか出来るんでしょうか。
アメリカのガソリン価格は1ガロン4ドルに迫っています。
4ドル超えとなれば景気失速に繋がるとされており、これ以上のエネルギー価格の
高騰は避けたいところ。緩和となればコモディティ市場にも資金流入となってしまいます。
そうならないような緩和策を取るというならわかりますが・・・。

雇用統計の数字を受けて 先週末はドル安となりましたが
株も債券市場もイースターの休場だったため、本格的に織り込むのは
今週からとなりますね。今週、欧米勢がこの結果をどう受け止めるのか。
その前に日本市場が始まるのですが、まあ、先ず日経平均は売られるんでしょう。
ドル円がGD(ギャップダウン=窓を開けて下落)しないことを願いますが、
リスク回避相場が極まってくれば「追加緩和期待」が下値を支え始めるでしょうから、
どうにも難しい相場となりそうな予感。

緩和が決まれば再度買われますものね。期待が浮上するということは
あまり下げないかもしれないということです。

QE3を巡っては4月24~25日のFOMCが焦点となってきますが、
せっかくドル円相場において円安転換したところです。
日銀、今週の金融政策決定会合で何もしない、ということがあるでしょうか?
6日、雇用統計発表の日、日銀白川総裁と野田首相が会談していた、というのも
一部の関係者に「日銀が追加緩和を実施するのでは」という観測をもたらしているようです。

この見方にしたって、ついこの直前まで
「日銀のやる気に疑問・・・・日銀は追加緩和をしないのでは」という見方が
大勢だったわけですから、市場のムード(センチメント)なんてあっという間に
コロッと変わるものなんだ、という認識を持っていないとやられちゃいますね。


しかし、今回の雇用統計はちょっとわかりにくかったため、
発表の前に私、全てのポジションを切っちゃってたんですーーーー(;´Д`)

豪ドル円のSだけは保有して挑むつもり、、、って前回のブログに書きましたが、
ちょっと怖くなっちゃったの。

そしてら、下げてるじゃなーーーい。ヽ(゚Д゚;)ノ!!
くやしーーー。
ほっとけば良かった・・・。(≧ε≦)ゝ プー

雇用統計の急落を取りそこねましたが、
まあ、怪我したわけじゃないんだからヨシとしましょう・・・・でも残念 (´・c_・`)

今週以降も、日米の追加緩和を巡って相場は振り回されそうです。
今のところ次の一手は週明けのマーケット、欧米勢の動きを見てから考えることにします。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社