2012年5月11日金曜日



うーん、今夜は調整かな?
調整というと上昇相場の中での押し目、みたいなイメージが強いけど、
私がここでいう調整は下落相場の中での戻りってことです(笑)
勿論ポジショントークです。

今日は東京時間の1030分に発表された豪4月雇用統計で、
雇用者数が1.55万人増(予想:0.50万人減)、失業率も4.9%(予想:5.3%)と
共に予想を上回り、豪ドル買いが強まりました。
ドラスティックに急伸したわけではないのですが
そのまま今夜も上昇トレンド継続ですね。

木曜夕方までのマーケットの疑問点。
ギリシャはユーロを脱退するのか?
脱退した場合のユーロへの影響は?
ドル円の今後。日銀の本気度。
新興国通貨と豪ドル。
ダウ平均の行方(個人的にかなりの関心)

これらの疑問には本日のフォレックスラジオにて
大倉孝キャプテンにお話しを伺っています。
キャプテンはすでにドル買いに転じている模様。
詳しくはフォレックスラジオのオンデマンドを聴いてくださいね。
http://tararebafx.net/2012/05/10/2012%E5%B9%B405%E6%9C%8810%E6%97%A5%E6%9C%A8%E7%Ahttp://tararebafx.net/2012/05/10/2012%E5%B9%B405%E6%9C%8810%E6%97%A5%E6%9C%A8%E7%AC%AC109%E5%9B%9E%E6%94%BE%E9%80%81.aspx

私は今夜もまだダウ平均ショートで様子見です、
豪ドルもユーロも戻り売り目線。
まだ売るのは怖いかな。今夜は戻り局面ですが、まだ引きつけようと思います。

今夜はバーナンキ議長の発言に注目が集まっていましたが、
テーマが『銀行と貸出の状況』ということで、金融政策に言及はありませんでした。

米国の銀行システムについてバーナンキ氏は、
金融危機以降、健全性の面で著しい前進を遂げたとする一方、
融資面では依然として問題が残っているとの認識を示したものの
銀行システム、および一層広範な金融セクターの状況は、
過去数年で著しく改善したとも言っていますが、それはあくまで最悪期との比較でしょう。
銀行の資本や流動性は強化されたものの、住宅ローンの融資状況は
依然としてひっ迫しているとの見方を示しています。
(銀行の住宅ローン信用残高はピーク水準からおよそ13%減少)
発言の主旨が金融政策に向けたものでなかったこともあって
今夜はバーナンキ発言に揺れることはありませんでした。。。。

やはり今のマーケットの関心はアメリカからギリシャにシフトしているのかも
しれませんね。今夜はギリシャネタがないようですが、
さて、ギリシャは緊縮財政放棄となるならセーフティネットの保護下で
ぬくぬく出来ないわけで、ギリシャの出方によっては
ユーロの波乱を招くでしょう。・・・という緊張の中にあるのですが、
それでも意外に下がんないユーロを買い転換した向きもあるようです。
(キャプテン)

私は月曜寄り付きに窓を開けて下落しましたので
この窓を埋める上昇がない限りは下方向をみているのですが、
だからといって売りポジションは持てずにおります。
ダウSを見守るのにいっぱいいっぱい・・・。
ドル円ももっと下げると思うんですけれどねぇ。。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社