2012年5月9日水曜日


今夜はダウが大きく下がってますー
キタ?来た?
・・・・何度も翌日倍返しみたいな上昇を見せつけられてるので
疑い深くなってます。4/10の12710ドル、ここを下に抜けないとね。

今夜の材料は6日日曜に実施されたギリシャ選挙で第2党に躍進した
急進左派連合のツィプラス党首が
「ギリシャ救済条件の誓約は、選挙後は無効」
「ギリシャは野蛮な救済に反対」
「債務のモラトリアム(支払猶予)を求める」などと発言したことを受けたものらしいです。

加えて、どこかのヘッジファンドの創業者がTVインタビューで
ツィプラス投手は110億ユーロの追加緊縮策は実施せず、
さらにIMFは欧州に資金を出さないであろうことからギリシャは6月に資金が尽き
ユーロ離脱へ、そして市場はスペイン・ポルトガルに焦点をシフトさせる、というような
シナリオを語ったとかなんとかTwitterで拝見いたしました。

そりゃ大変だ。

でも、その割にユーロの下落はそれほどでもないのよね。
株式市場は大きくうられているのですが、為替市場は比較的落ち着いています。

おそらく、為替市場はいろいろな材料を都度吸収しているためかと。
株価の方は、材料を無視して上がっていた分下落がキツイのではないかと。
そんな風に思ってます。ユーロはショートが相当溜まっていますものね。
だって、今夜出てきたようなネタ(ギリシャが緊縮やらない、スペイン・ポルトガルへ飛び火)
別段今に始まった話じゃなくて市場ではずっとずっとささやかれ続けたこと。
こうした根底に潜むリスクを織り込んでユーロのショートは膨らみ続けていましたので
今更こんなネタに更に売られることはないってことです。
株式市場はこうした根っこにあるリスクを無視して買われすぎていた分調整がキツイですね。
ただし、本当のリスクオフ、雪崩をうったような下落がくるかどうかはまだわかりません・・・。

ちなみにAM1時を回った頃から下落も一段落、揉み合いに入ったようですが、
こんなニュースが出たからかな。

ギリシャ新民主主義党のサマラス党首が
「少数政権を容認する用意がある」などと述べ、
ギリシャで連立政権交渉が進展するとの見方が広がった模様・・・・。

日経平均も売っていたのですが昨日買い戻しちゃってノーポジション。
ダウ先物だけをショートしていますが、さてどこで利食いましょうか。
ホントはもっと大きな下げを狙っているのですけれど、
何度も何度も再上昇して失敗しているからなぁ・・・
でも私が全部利食ってからホントの下落が始まったりしそうだしなぁ・・・・

トウモロコシを買っていたりするのも上手くいってます♪

今日はオージードルを売って50pipsくらい取って利食うというデイトレをしました。
もっと持っとけば更なる下落となっていましたが、ちょっと下落が早すぎて
いつ大きく戻るかと思うと長く持てなくて・・・。
今夜のギリシャネタでもユーロより豪ドルの下落がキツイですね。
これも「今までロングが溜まっていたものが投げられている」ということで
今までショートが溜まっているものはこれ以上下げにくいということです。

金が1600ドルを割り込む大きな下落となっていますので、
資金の逃避先は現在金ではないこともわかります。
更にいうと金も換金売りしないとならないほどの事態になりつつある、
ということかもしれません。全てが崩れる時は大きいですよ~
昨日原油の下落が気がかりと書きましたが、原油が先行していたのかも。

そもそも5月は売り圧力にさらされやすい月ですから、
ここからのマーケット、株価などレベルが下がったら利益が目減りするのを嫌って
利食いが増えてジリジリ下げ続けるというような動きになるような気がしています。
ギリシャネタとか、そんなのは一時的なものでしょう。多分。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社