2012年7月3日火曜日


まだ市場は懐疑的なようです。

昨晩の米国市場ではISMが3年ぶりに分岐点50を割り込むなどの
悪材料があったわりには終わって見ればダウ平均は▲8.70の12871.39。
追加緩和期待が下値を支えたものと思われますが、
今日の日経平均は63.11円高の9066.59円と9000円台を守り、
まずまずの終え方ではありますが、膠着した印象。

為替市場も神経質な値動きが続いています。
昨日のISMショックで急落したドル円も79円台は守って反発、
今日は急落分を取り戻す上昇となったものの、そこまでで力尽きて一服。

ユーロドルももっと戻るかなーと期待しているのですが、
東京午後にちょっとばかり上昇したものの、
結局昨日の安値水準に押し戻されています。

ECB理事会、雇用統計といった次のイベントを控え、まだ市場は慎重なのかな。
あ、あと、5 日木曜にに実施されるスペイン国債3年4年10年物入札。
長期債の利回りも注目されるでしょう。首脳会議の後ですし、スペインに
対して市場がどの程度の安心感を持ったのかが測れるのでは?

それから今日はオーストラリア準備銀行(RBA)が、
政策金利を現行の3.50%に据え置くことを決定。
■金融政策のスタンスは依然として適切である
■最近の指標は上期の経済成長を示している
■インフレ見通しの変化はない
■為替レートは全般的に高いままである
■欧州は依然として、悪影響の源である
などととした声明文が出されました。

これを受けてオージードルは一時下落しましたがレンジの範囲内。
直前に発表になったオーストラリアの住宅指標が大幅に改善していることも
支えになっているとの見方もありますが。。。

それにしても神経質で煮え切らない動き。
まあ、為替市場なんてだいたいがレンジ相場なんだから(笑)
トレンドが出ている時のほうが少ないと思って
耐えることが肝要です。オージーロングは継続しています。

ユーロは下がったら拾ってみよう、と思っていますが、
EU首脳会議を受けての上昇分の半値押し 1.2550くらいまでは
下げるかもしれないと。。。慎重に入り口を探っている状況・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社