2012年8月9日木曜日


はりゃーユーロ下げてきた?!

押し目をまたずに買い参入していたので
ちょっと嫌な展開なのですが、
ユーロドルは日足で見れば逆三尊にも見え、
それほど下げないと思っております。

今回の急騰の38・2%押しまで下げているのね。
半値で1.23割れ位なので、半値押しまで見てもいいかな。
1.23ドル近辺では買い増すくらいの気持ちでおります!

政局がらみで円売り加速か?!
と思ってみていたドル円は結局今日東京時間に
急速に値を崩して完全な鯨幕相場。
陽線と陰線が交互について方向感のないレンジですが、
それでもちょっと下値切り上がっているわよね。
政局ネタで日本売りってそれやっぱり難しいわ。
海外勢もついて行けないと思ってるんじゃないかしら(想像)
だいたい何やってんのかさっぱり解らないもん。
自民党はどうしたいわけ・・・?!

明日は日銀の金融政策決定会合ですが、
何もないというのがコンセンサス。
何か追加緩和策が出れば円安GO~!
素直に乗るだけです。

昨晩7日はボストン連銀のローゼングレン総裁が
米メディアのインタビューでQE3を「予告」するような発言を行い、
米株は3日続伸、日経平均も3日続伸。
コモディティも堅調地合い。

これをリスクオン相場と呼んでいいものかどうか
疑問を呈す向きもあるようですが、
相場が上がればリスクオン、この解説はここ数年の特徴ですね。

シャープなどこれまでさんざん売り込まれていた銘柄が
上がっていたり(空売りの買い戻しじゃないの?)
スペイン株が17%も上昇していたり(これも、、、買い戻しじゃない?)
ユーロドルが上昇してきているってのもショートカバーだよね?!
ということであれば、むしろキャッシュ化しているわけで
リスクオフなんじゃないか、なんて話もあったりなかったり。

米株市場はあまりにQE3期待が高いことが下支え要因かと思いますが、
期待のそえないことが明白になった時の崩落が怖いですね。
その時も素直に乗るだけです。
今はダウロングでも、どこかで売る日がくるでしょう。
それはユーロも同じだと思っているのですが、
思ったほど戻る力が強くないのが気がかり・・・

ただし、水星の逆行期も今日8月8日まで。
明日9日から順行に戻りますので、相場に方向感が出てくる可能性が。
ちょうど日銀の金融政策決定会合と重なっているのが
面白いのですが、ひょっとすると日銀がバレンタインの時のような
マーケットの地合いを大きくかえるトリガーとなるやもしれません。
・・・・まさかまさかの妄想ですけれど。

お休みなさいー
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社