2012年8月21日火曜日


ユーロドルはすっかりレンジ入りしちゃったみたい。

それでも弱いというムードはなくなってきているので
ユーロロングはまだ耐えて持っています。

ドイルのシュピーゲル誌が
『来月の欧州中銀金融政策理事会で、
南欧州各国の国債購入をECBが行う場合、
それぞれに国の長期金利上限を設定しそれを越える場合
ECBは自動的に国債購入に動く可能性がある」という観測記事を出し、
ユーロの買い戻しが優勢となっていたところに
ECBがこれを真っ向否定したという報道があり、ユーロ再下落。

このところのユーロはこんな調子が続いてますね。

先週も著名シンクタンクとして知られ、そのレポートがマーケットに
大きな影響を与えるとされているメドレーレポートが
スペインは9月の財務相・中央銀行総裁会議で救済を要請し、
承認され次第ECBがスペイン債を流通市場で購入することになる」
と指摘したことをブルームバーグが伝え、ユーロが買い戻されたり
していましたけれど、
ショイブレ独財務相がギリシャへの新たな支援計画の可能性を
否定したというようなネガティブ材料で売られたりしてます。

希望的観測で買い戻され、当局、要人の慎重ネガティブ発言で下げる。
欧州要人はもっと考えて発言して欲しいわ。
あ、ポジショントークです(笑)

それでもユーロドルは1.23ドル割れでは下げ止まるんです。
ちょっと前までの地合いならするする下げて下落トレンドが
続いていたのに、レンジで済んでるって凄いでしょ?!

ムードは変わってきています。

ユーロオージーが鍋底を形成して底入れしたようにも見えます。
ユーロ円も確りした上昇トレンドに入ったように見えます。
ユーロクロスが戻りそうなんです。

だから1.238台で買ったユーロも報われる時が来るだろうと
思っているのですが、、、
1.2302のロングもまあ、悪くない感じです。
時々マイナスになってますが、すぐに買い戻されています。

ドル円も先週のレンジブレイクでの円安進行のトレンドを崩していません。
少なくとも8月31日のジャクソンホールまでは
こんな地合いが続くんじゃないかしら。。と思っています。

そこでバーナンキ氏が緩和示唆しなかったということにでもなれば
一旦は相場が崩れるでしょうけれど、、、、

ただし、今週は欧州要人の会談が沢山ありますので、
ニュースにふらされるリスクにご用心。

22日(水)ユンケル・ユーログループ議長・サマラス首相
23日(木)メルケル独首相・オランド仏大統領
24日(金)メルケル独首相・サマラスギリシャ首相
25日(土)オランド仏大統領・サマラス・ギリシャ首相

それでもこの地合を崩すようなネガティブなものとはならないと
思っておりますが、、、ニュースで下げたところは買いかな?!と。
href="http://blog.with2.net/link.php?663631">人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社