2012年8月23日木曜日


FOMC議事録でこんなに動くとは思ってなかった-。
FOMCじゃなくて、議事録ですよ、議事録。前回の。
ま、動いたといっても為替市場でドル売りが出た程度で、
株がそれほど大きな反応をしたわけではないですが。


前回7月31日から8月1日に実施されたFOMC。
新聞のリーク記事などから一部には緩和の期待もあったようですが、
大方は何もないだろう、との予測で、結果も何もなし。
それほど特筆すべきFOMCではなかった印象ですが、
その議事録で、かなり踏み込んで緩和について話されていたことが
明らかになり、また早期緩和への期待が盛り上がって来ました。

モーニングサテライトではJPモルガンの佐々木融氏が
9月にQE3を実施する可能性に言及したようで、
今日のFOREXRADIOでも、話題はほぼ昨晩のFOMC議事録一色に。

多くの(many)」メンバーが「近いうちに(fairly soon)
追加緩和措置の可能性を示唆したということですが、

これが話合われたのは8月発表の7月米雇用統計の前ですし、
このところのリスク・オン相場のトリガーとなったとも思える
7月米小売売上高、卸売物価指数などの米指標の好結果をは
反映されていない時点であったことを考慮しなくてはなりません。

また9月のFOMC本当にQE3をやるならば
(fairly soon)ではなく(very soon)という文言を使うだろう、
という指摘もあるようですから、あまり過剰反応すべきではないとも
思います。9月にやるか、やらないかが大事なのではなく、
ここからこの相場にどう乗ろうか、ということのほうが大事。

緩和→ドル安 思惑でドル円はスコーンと78円台に叩かれ落ちてしまった
のですが、私の持っているユーロドルもシャキーンと1.25を超えてくれたので
個人的には悪くないんですが、もっと買い増ししたかったのが
買えずに上昇しちゃってます^^;

ドル円も、78円から下は安住っちリスクがあることに変わりはないですし、
再度買うにはいいことろに下がったんじゃないかと思います。
79円台値固めには失敗しましたが、
リスクオンなら円安でいいのではないかしら。。。


ただし、あんまり長いこと引っ張らないように。。。とも思っていて、
GSがユーロドル1.3などと言い出すとちょっとしらけます。
その前に落ちるだろうな、と思ってしまう。
まだ、ユーロドルのターゲットは定め切っていませんが、
緩和期待もあまりに過剰になると危険かな。


独デイ・ウェルト紙が
ECBが9月6日の理事会で
「シークレット・イールド・ターゲット」を含む、
複数の国債買入政策を検討する模様だ、と報じています。

なにそれ?
「シークレット・イールド・ターゲット」?

説明によるとECBが秘密裏に設定した利回り水準を
下回るように国債を購入する政策なんですって。

この政策が次回のECBでどのような効果をもたらすか
検討される模様だというお話。導入する、という話では無さそうです。
あくまで検討。

しかし、中国は悪いですね。今日発表の
HSBCのPMI(中国製造業購買担当者指数)速報値は
47.8と7月の49.3から低下。
どうやらオージーの頭を抑えているのは中国ですね。

href="http://blog.with2.net/link.php?663631">人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社