2012年9月20日木曜日


調整でしょうか。

ユーロドルも1.30ドル割れ。2950も割ってますね。
ドル円が弱いのはまあ、わからないでもないですが、
(FRB比較で日銀の緩和はパンチがなかった)
リスクオン相場で買われるクロス円通貨
豪ドル円、NZ円、ポンド円なども売られています。

昨晩CRBインデックスが弱いのが気がかり、と
QE3発動の割にはコモディティ市場のはしゃぎ方が
足りないことが何かを示唆しているんじゃないか、
なんてことをブログに書きましたが、
今日は日経平均も弱く、早くも息切れの様相です。

ゴールドマンサックスやモルガンスタンレーが
ユーロドルの目標1.30ドルとしていたのを、達成し、
ゴールドマンは昨晩手じまい売りを推奨したそうです。

HF勢はこれまでの期待と思惑で買われてきたアセットの
手じまいに動いているのでしょうか。
それだけなら、積極的な売り材料ではないため、
調整で終わる可能性もありますよね。

そういうタイミングに中国リスク、そして中東のリスクが
加わったことが気になっているのですが、
さて、この下落を押し目とみて買うべきか、天井打ちとみて
戻りを売るべきかは迷うところです。
私は後者のシナリオを妄想中で
オージードルは売りっぱなしですけれどね。

ユーロもスペインがまだ支援要請していないのが
注意点。支援要請となればひとまずユーロの買い材料でしょう。
瞬間大きく上振れするかもしれません。
今夜のスペイン国債入札は無事無風通過の模様。

ただ、9月28日に、スペインの金融機関に対するストレステストの
結果が発表されることとなっており、現在のところ
およそ600億ユーロ程度の資本注入が予想されているようです。

ストレステストに向けてはスペインの金融機関による
リパトリが想定されるとの指摘もあるのですが、
もっとも、ユーロ・ドルの1.30ドル台では、SNBが
ユーロ建て外貨準備の売却オーダーを置いているという話もあって
こういう材料を拾っていけばいくほど
どちらにバイアスをかけていいのかさっぱり分からなくなります。

ユーロドルはさすがに1000Pくらいあげた相場ですので
一呼吸は必要でしょう。
レンジ入りとなって方向感が見えなくなるという
可能性もあると思っています。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社