2012年10月15日月曜日


すっきりしたかな・・・・
先週調子に乗って作ったポンド円ショートは週明け月曜に
見事ロスカットされました・・・・(´・ω・`)ショボーン

先週金曜の大倉さんとのYMTV「大倉孝の本音で言わせて」番組内では
豪ドルをめぐって大倉さんとトークバトル?!
素人個人投資家の分際ではありますが、
悲観論全開で大倉さんにぶつかってみました。
結果撃沈・・・・ダワネ

チャイナリスク、財政の崖、ギリシャ離脱懸念、大統領選、、、
QE3発表にもかかわらず米株が上がらない・・・などなど
考えられるリスクを全てぶつけてみたところ
腑に落ちる答えが
「全てわかっているリスクじゃないか、テーブルの上全て乗っているじゃないか」
というもの。
な、なるほどね^^;
ドラスティックな下落というのは皆が油断している時にやってきます。
リーマンショックも、サブプライムが大したことはないと楽観した後の事態でした。
皆がリスクを警戒している時は売り圧力もマーケットに織り込まれながらの
動きになるため、急激な動きとはなりにくいんですよね。
大倉さんが言いたいのはこれだけ悪材料が言われているからこそ
急落のリスクが低下しているんだということであって、
決して下がらないと言っているわけではないのですが、
この環境下で、日米英欧中と量的緩和策に踏み切っているわけですから
上がる圧力のほうが強いだろうということです。。。。

そして私のポン円ショートはロスカット。
うーーんやっぱりバブルがやってくるのだろうか。
バーナンキ氏はバブルを形成したいのだ、と大倉さんは指摘しています。

それでも私はナスダックのチャートの悪化に注目していたりします・・・

豪ドルが弱いようにみえてなかなか思い切り下げてくれないのは
ユーロが強いからですね。
ユーロオージーという通貨ペアのチャートを見ると大きく巻き返しているんです。
ゴールドマン・サックスが「豪ドル売り、ユーロ買いは世紀の取引」とか
言っているようですが、となると、ユーロ高、豪ドル安になるのですが、
ユーロ高は今のマーケットでは基本的に「リスクオン」という捉え方となりますので
(ドル安はアメリカの政策通りのいい動きということでもあります)
リスクオンとなっちゃうと、豪ドルドルや豪ドル円が下げにくくなっちゃうわけですね。
なんだかこんがらがっちゃう話ですが。

それでも、やはり売りの目線から逃れられないでいますが、
まあ、今はポジション切れてすっきりしましたので
売り場はまたゆっくり考えることにします。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社